MIGORO

乙女は必読!ダメ男に片思いしないための、たった一つの見分け方


ダメ男に片思いしないための、たった一つの見分け方

「あの人のことがとっても好き」

「でも私の友達は反対するんだけど、どうして?」

こんなことってありませんか。

自分は片思いの相手が大好きなのに、その人はなぜかあなたの仲間からの評判が悪い……なんてこと。

もしかしたらそれ、ダメ男警報がでてるかも!?

今回はダメな男にひっかかって片思いしないための、たった一つの方法を伝授します。

悲しいけれど、世の中には悪い人もいる

以前、「片思いをしてはダメな男」という記事で代表的な要注意男性3つをご紹介しました。

では、そこで紹介した3つに当てはまらない男性であれば、心配はいらないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。

世の中にはいい人もいれば、悪い人もいます。そして、悪い人というのは、大抵いい人を演じています。

あなたが大好きな片思いのあの人も、悲しいかな、悪い人である可能性もあるんです。

「恋は盲目」とはよく言ったもので、相手のことが好きなときには、悪評が聞こえたり、周囲の友達が反対したりしても、あまり気になりません。

むしろ、

「あの人のいいところは、この私だけがわかっていればいいの! もう放っておいてよ!」

と意固地になってしまいがちです。

でも、もしも相手が良くない人だった場合、傷つくのはあなた本人です。誰もその心の痛みを代わってあげられません。だから、私たちは最大限に自分たちを守るための努力をしなくてはなりません。

いくら片思いの相手が好きでも、一瞬立ち止まることはすごく重要なんです。

ダメ男かどうか見抜くには、相手の「行動」を見ればいい!

結論から言うと、

「相手の言葉ではなく、行動を信じる」

これがダメ男かそうでないかの、唯一の見分け方です。

「君のこと、とっても好きだよ」

こう言われるとメロメロになってしまいがち。でも以下のような状況だったらどうでしょう?

あなたの誕生日をすっかり忘れ、デートの計画も立ててなかった彼が、夜中に急に電話してきて、

「君のこと、とっても好きだよ」

・・・どうでしょうか?

相手のことが好きだと、信じたくなりますよね。

「彼は私の誕生日を忘れていたけど、私のこと好きなんだ!」って。

でも、「言葉を発する」って、とても簡単なものなんです。

それに対して、「行動する」はちょっとハードルが高くなります。

たとえば、以下の行動はどうですか?

あなたの誕生日も忙しくて会えない彼。でも、夜中に電話してきてくれて

「ごめんね。次の日曜日に会おう」

そして実際に日曜日に会い、当日の埋め合わせをしてくれる――。

この彼は、あなたに「好きだよ」なんて言ってないけど、ちゃんと行動で示し、あなたをフォローしました。

「好きだ」「愛してる」などの甘い言葉は要注意な言葉でもある!?

日本の男性は、言葉で自分の気持ちを伝えるのは苦手だと言われます。

「好きだ」

「愛してる」

という言葉を言うことはほとんどないでしょう(もちろんいう人もいるけど少数派ですね)。

だからこそ、たまにこういう言葉を言われると女性の胸に良い意味で刺さります。

そして逆に言えば、この効果抜群な「女性の胸に刺さりやすい」言葉を悪用する男性がいても不思議はないのです。

このような男性がどういうつもりでいるのかは、正直なところわかりません。

単にモテてる気分を味わいたいのか、セフレがほしいだけなのか、事情は人それぞれでしょう。

ですが、これだけは言えることは、そんなことをしてくる人はろくな人ではないということ!

言葉で人をコントロールできると思っている時点で、要注意です。これは以前の記事内容(こんな男に片思いしては絶対にダメ!DV男の見分け方)にもつながっていく要素です。

最後に

いかがでしたか。

男性の中には、

1、「言葉で愛を伝えるし、行動が伴っている人」

2、「言葉で愛は伝えないけど、行動してくれる人」

3、「言葉で愛は伝えるけど、行動しない人」

この3種類がいるということをよく理解しましょう。

もちろん1の人が一番いいのですが、残念ながら世の中は2の人だらけです。そして、絶対に避けねばならない3のような男性も存在しています。

あなたの片思いの相手が、どのタイプなのかよく見極めるようにしましょうね。

1や2の男性だったら、心の中でバンザイして、MIGOROの記事を参考にしながら、彼を振り向かせるよう心いくまで努力してください。

そして私たち女性もまた、「言葉だけで行動しない女性」にならないよう、心遣いという行動で、周囲に思いやりをもって接しましょう。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。