MIGORO

クリスマスデートで片思い女子が着るべき服装


クリスマスデートで片思い女子が着るべき服装

もうすぐクリスマス本番。

片思いのあの人からめでたくクリスマスデートに誘われた方も、きっといるでしょう。

そこで悩んでしまうのが服装ですよね。

大好きな彼に、絶対「かわいい」って思われたい!

そのためのコーデをお教えします。

クリスマスデートでは特別感が重要

現在はジェンダーレスコーデがトレンドになってきていて、男女どっちでも着られるような服がたくさん出回っています。

本当、かわいいものが多いですよね。

ですが、クリスマスデートではそれはちょっとおやすみ!

と言うのも、クリスマスでは「いつもと少し違う特別感やキッチリ感」を見せることが大切だからです。

クリスマスデートでは、少し背伸びしたお店にいくことが多いはず。

ジェンダーレスな服はカジュアルなものが多いので、「いつもと少し違う特別感やキッチリ感」を演出することは苦手です(極端な話、フォーマルなドレスやタキシードを「男女どっちでも着られるようなデザイン」に直すのは難しそうでしょ?)。

ですから女性であれば、キッチリ感を与えられるためにシックでフェミニンな格好をしたほうがいいでしょう。

いつもはカジュアルな格好だという人も、ぜひ挑戦してみてください。そのほうがかえってギャップになって、より「特別感」が出ます。

乙女の定番、ワンピース

ワンピースはデートで失敗の少ない大定番。

男性は、自分が身につけることのできない素材やデザインを見て「女性らしい」と感じます(参照「『美人の記号』『ブスの記号』!?モテない美人のNG行動を学べ」「片思いの恋する女性のための小物の選び方」)。

その点、ワンピースは女性らしさの代表格です。

ワンピースと一口に言っても、デザインも素材もさまざま。

  • かわいらしいガーリーさを目指すなら「フレアースカート」

  • 少しセクシーに迫りたいなら「タイトスカート」

と、自分のなりたいイメージでチョイスしてみてください。

素材は

  • かしこまったレストランなら、カッチリ感を簡単に演出できる「ツイード」

  • 入りやすいイタリアンやバルなら「ニット」

などと場所ごとにふさわしいものを考えてみましょう。

お呼ばれにぴったりアンサンブル

以前に流行ったアンサンブルも、再び注目されているようです。

アンサンブルとは、インナーとカーディガンがセットになったトップス。

このアンサンブルも「カッチリ感」を出しやすいアイテムなのでおすすめです。

カラーとしては

  • 秋冬、特にクリスマスにぴったりの「バーガンディー(ワインレッド)」や「モスグリーン」

  • あえての爽やかカラー「ミントグリーン」「グレイッシュピンク」

がおすすめ。

インナーとカーディガンは別々に着ることもできるので、デイリーの着回しにも便利ですね。

また、逆に、インナーとトップスのカラーを合わせれば「アンサンブル風」な着こなしもできます。

その場合はあえて素材の質感が違ったものを選んでも、こなれた感じになっていいですよ。

シックに可愛いモノトーン花柄スカート

花柄はここ数年で、春以外にも好まれるようになりました。

でも、ふだんあまりフェミニンやガーリーな服装をせず、花柄に抵抗のある人もいるようですね。

そんな方におすすめなのは、モノトーンの花柄スカートです。

花柄が可愛らしいのに、モノトーンならシックにまとまります。

大本命のふわふわニット

ふわふわなニットは着ていて気持ちいいし、男性の心をつかむには強力な味方になってくれます。

男性は、自分が身につけることのできない素材やデザインを見て「女性らしい」と感じるということは先ほど述べましたが、ふわふわのニットはまさにこれ。

イチオシは特にふわふわ度の高い、アンゴラヤギの毛を使ったモヘアニットです。

ふだん少しツンツンして見られてしまう人も、着ればたちまち「ふわふわ」なイメージに変えてくれる魔法のアイテムです。

カラーのイチオシはやっぱり白

服を選ぶときに悩んだら、白をチェックしてみてください。

白は清純で汚れていないイメージがあり、おまけに顔色を明るく見せてくれるカラー。

男性で「白が嫌い」という人は少ないはず。

特に秋冬は、無意識に黒などのヘビーな色をチョイスしてしまいがち。

でもデートには軽やかな印象を与えることも大切です。

身体のどこかには必ず白を取り入れるようにしましょう。

難しければ、首元にパールのネックレスをつけるだけでも、反射効果で顔色が明るくなって違いますよ。

最後に

いかがでしたか。

事前に服装を念入りに考え、当日のクリスマスデートであなたの魅力を引き立つようにしましょう!

片思いのあの人をドキドキさせてあげてください。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。