MIGORO

目指せ本命彼女!片思いの彼のセフレにならないための心得


セフレ

片思いの相手のことが大好きだと、

「あの人の彼女になりたい! そのためには、私のすべてをあげてしまってもイイ!」

なんて考えてしまいがち。

ですが、この考えって実は「彼女じゃなくてセフレ止まり」の関係を引き起こしてしまうこともあるんです!

今回は、絶対にセフレにならないための心得を学んでいきましょう。

望んでもいないのに、どうしてセフレになってしまう女性が後を絶たないのか?

私たちがなりたいのは、片思いの男性の彼女にほかならないはず。

なのに、どうして「セフレにしかなれない」という悲しい女性たちが、後を絶たないのでしょう?

それはセフレになってしまう女性が、基本的に優しく、優しい女性はこの世にはたくさんいるから。

大好きな片思いの男性から、まだ正式に付き合ってもいないのに、

「君のことが好きだよ。だからどうしても今日、セックスがしたいんだ」

なんて甘く囁かれたら、優しい性格の女性なら

「うん、それならいいよ(私のこと好きだってことは、きっと付き合ってくれるハズ!)」

って身体を許してしまうことがあります。

でも、それってとってもよくないことです。

だってそれは、本当にお互いに好きだからというよりも、あなたの自己犠牲のもとで成り立っている関係だからです。

自己犠牲のセックスとは、あなたが相手に対して尽くしているということと同じ。

そして尽くす女性は、男性から見下され、大事にされません(参照「片思いの相手に選ばれたいなら、『尽くす女』を卒業しよう!」)。

男性は無意識のうちに「本命の女」と「遊びの女」を分けて接している

さらに悲しいことをお伝えしなければなりません。

実は、男性の多くは性対象の女性を、「本命の女」と「遊びの女」を無意識に分けています(実際に付き合うとか、セックスするといった行為に至るかは別問題)。

「この女性は本命だから下手な真似はできない。慎重にデートに誘おう!」

「この女性は遊びだからどう思われても良い。テキトーに喜びそうなことでも言っておくか」

という風に接し方を変えています。

この区別のしかたは男性ごとに違い、「一般的に見てスタイルも良くないし、あんまり可愛くないけど本命」「性格もいいし、美人だけど遊び」といったことも普通に起こります。

だから仮にあなたが遊びのほうに入れられたことがあっても、あまり落ち込む必要はありません。

しかし過去の恋愛で、あなたがあまりにも「遊びの女」扱いを受けてきたとなれば、あなたは自分から「私は尻軽なヤリマンです!」といったオーラを出してしまっている可能性があります。こうならないための方法を次項で説明しますね。

また、1人の男性の中の、「本命の女」と「遊びの女」の区別は、めったなことがなければ変わりません。

最初に「遊びの女」と認定されると、「本命の女」になることは難しいのです。

以下に興味深いエピソードを紹介しましょう。

A子は、永らくB男のセフレでした。

でも、もちろんA子は内心ではB男の事が好きで彼女になりたい。

そんなとき、実はB男が本命のC美とも関係を持っていることを知ってしまいます。要するに二股!

B男が好きだからと、気がつかないふりをして耐えるA子(もちろんその間も肉体関係アリ)。

その後、B男がC美に振られたことを知り、A子は「これでやっと本命になれる!」そう思ったのですが……。

B男はA子に、

「あーあ、どっかにいい女いないかなぁ。彼女欲しいよ~」

と平然と言い放ったのでした。

女性は「本命である1位がいなくなれば、2位の私が繰り上げで1位になれる」と考えてしまう傾向があります。

でもご紹介したエピソードからも分かる通り、男性はあくまでも、「本命は本命。遊びは遊び」なので、繰り上げなんていうことは起きません。

ですから、実は「遊びの女」に認定されてしまった時点で、その恋は脈が全然ないのです。

そこで最初の段階で「本命の女」に認定されるよう、心を砕く必要があるのです。

遊びの女であるセフレではなく、本命の女になるために気をつけたいこと

では、次からは具体的に「本命の女」になるために気をつけたいことをチェックしていきましょう。

基本的に、セフレになってしまう女性というのは「性的に奔放で、自分を安売りしている印象」を与えてしまう女性です。

実は服装はあまり関係なく、どんなに清楚な格好をしていても、安い女と思われたら本命にはなりにくいのです。

なるべく性的にふしだらな印象にならないように、以下の3つのことを心がけましょう。

最初の印象が大事です!!!

1、デートや告白というイベントをすっぽかして、肉体関係を結ばない

相手に片思いをしていて大好きで、しかも相手が「ヤリたいな~」という雰囲気を出している場合、「こんな私でいいなら喜んで!」とか「もしかして今エッチしたら彼女にしてもらえるかも!」とか「彼の期待に応えたい!」とか考えて、すぐに肉体関係を結んでしまう女性がいます。先ほども言った例ですね。

もうこれ、一番ダメです。

あなたは、ワンナイトラブのスリルを味わいたいのではなく、片思いの男性の彼女になりたいのですよね? だったら、セックスにはすぐに応じないこと。

彼とセックスするのは、無事に両思いになって付き合い、数ヶ月が経過した頃が一番オススメです。

男性に限らず、人間は勝手な生き物です。すぐにセックスすれば

「こんなに早くセックスできて嬉しい! 気持ちよかった! ……でも彼女、この調子で何人の男と寝たんだろう? きっと他の男とも、こんなに簡単に関係を結んできたんだろうな。流されやすいヤリマンに違いない」

というマイナスのイメージを与えます。恋人という存在は、自分に対してだけエッチでいてほしいものなのですね。

口や行動では「ヤリたい!」と示していても、頭のどこかで「ここであっさりとセックスに応じたら、この女性は完全に『遊びの女』だな」と判断しています。

2、下ネタや、過去の恋愛話を披露しない

積極的に下ネタや、過去の恋愛話を披露してしまうのもいけないことです(参照「『美人の記号』『ブスの記号』!?モテない美人のNG行動を学べ」)。

「過去につきあった男性のせいで、恋愛不信に……」

なんて話もNG。同情を引こうとしているように見え、依存体質など、問題のある男性を引き寄せることもあります。

下ネタと過去の恋愛話の掛け合わせである、

「昔付き合った男のエッチが下手くそでさ~」

なんて話をしようものなら、「こいつヤリマンの上に過去の男の悪口とか最悪だな」と思われます。

ある一定の年齢以上であるなら、恋愛経験はそこそこあるはずとみんなわかっていますから、今更あえて触れる必要もありません。

よく「男性は最初の男になりたがり、女性は最後の女になりたがる」なんて言いますよね? 女性は最後の女になりたいので、「今までのあなたも受け止めるから、同じように今までの私も受け止めてよ」と言わんばかりに過去の話をしたがることがあります。

でもね、男性は最初の男になりたがるんですから、それはやってはダメなんですよ!

もしも相手の男性が過去の恋愛話を聞きたがるそぶりを見せたら、

「今まで付き合った人はみんな良い人だったよ♪ いろいろあってお別れしちゃったけど、今は感謝してる」

などとポジティブな物言いでさらっと受け流しましょう。

3、あなたに敬意を払わない男性には近寄らない

世の中には「自分のタイプじゃない女は女として見られない」という男性がいます。

そういう人の中にもいい人はいっぱいますが、ごくまれに「自分のタイプじゃない女は人にあらず」的な態度を取る、けしからん男性が紛れているんですね。

そういった男性はタイプじゃない女性に敬意を払わない(払えない)ので、自然につっけんどんで無礼な態度となり、時に不愉快な思いをさせられます。

そういう男はこっちから願い下げして、近寄らないことにしましょうね!

しかし、「そういうクールなあの人が好き♪」なんて惚れてしまう女性もチラホラ……。

もしあなたがそんな女性なら、「ダメな男とばかり恋愛してしまう、だめんず・うぉ~か~の特徴」の記事をご覧になることをオススメします。

最後に――特別感を演出して、セフレから本命彼女になろう

では最後に、

「これからセフレにならないための心がけはわかった。でも、実はもうすでにセフレ関係の人がいて、その人に片思いをしているの」

なんて人へ。

セフレ関係になってしまったのは本当に失敗でしたね。

しかし、先ほど、「『遊びの女』に認定されてしまった時点で、その恋は脈が全然ない」とは書きましたが、絶対に巻き返しができないというわけではありません。

あなたがセフレから本命になるには、片思いの彼に対し、強い「特別感」を演出する必要があります。

そのためにはぜひ当ブランドの他の記事を読み、実践を重ねてください!

まずは「片思いの勝利の秘訣は『追いかけさせる』!目指せ特別なオンナ」からどうぞ。

「身体だけの関係だったはずなのに、なんだか最近気になる。他の男に渡したくない」

そう片思いの彼に思わせるように、仕向けていきましょう。あなたの恋を応援しています!


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。