MIGORO

読んで納得!片思いの恋愛相談は男友達にするべし


片思いの恋愛相談は男友達にするべし

女心は秋の空くらいに変わりやすい、なんていう言葉がありますが、私たち女性からしてみれば男心もなかなか読めない危ういものですよね。

それもその通り、男性と女性は違う存在だから。

今回は片思い成就のために大いに役立つ、男心の理解のための知識です。

恋愛相談は、ぜひ女友達ではなく、男友達にしてもらってくださいという話。

あなたの片思いの恋愛相談は男友達にするべし!

あなたは恋愛でつまづいてしまったとき、もしかして女友達に相談しているのではないですか?

「きっと彼はこう思ったはず」

「じゃあ次はああしてみればいいんじゃない?」

なんて女同士で話し合って、それを実行するもなんだかうまくいかなったこと、あるのではないでしょうか?

実は「恋愛相談を女友達にする」って、あまり効果的な方法ではありません。

だって、女友達も女性、男心はわかっていないからです。

具体的な恋愛相談は、男心をよくわかっている男性にしたほうがいいのですよ。

ぜひなんでも打ち明けられる男友達を作ってください!

男性は「俺は男だ」という鎧を毎日着ています

私たち女性は大人になってくると、化粧をして学校や職場に行きますよね。

大人の女性が化粧をすることはマナーとされ、すっぴんでいることでおかしな目を向けられることがあります。

また、女性は男性よりも口調やしぐさの丁寧さや愛想のよさ、家事や雑用することを求められる場面も多いでしょう。

そんな「女らしさ」を要求される毎日に

「ああ、女でいることも楽じゃないなぁ」

と疲れてしまうこともあります。

しかし、実は男性もまた「男らしさ」を求められる毎日を送っていることを忘れてはなりません。

もしも大学四年生の男性が

「僕は社会人になるのなんてごめんだ。でも掃除や料理は得意だから、将来的には主夫になりたい。結婚相手が見つかるまでは、実家の家事手伝いをして過ごすよ」

なんて堂々と宣言しようものなら、世間の風当たりは女性が同じ事を言うよりもずっとずっと厳しいものとなります。

男性は社会に出てお金を稼いで出世・成功することを、女性よりも意識させられているからですね。

そのため、男性(特に社会人に顕著でしょう)はずっと肩肘張って生活しているんです。

私たち女性が

「女であることも楽じゃない」

と思うときがあるのと同じく男性もまた

「男であることも楽じゃない」

と思う時があります。

そこで男性は、「俺は男だ」という鎧を脱ぎ捨てることのできる、自分を癒してくれる存在をどこかで求めているのです。

そうした存在が男性にとっての、「大切な女性」となっていくのです。

女性の「彼はきっとこうされたいはず」という気遣いが、時に裏目になる!?

先ほども話したとおり、実は男心は男性にしかわかりません。

女性が「私がこうしてあげたら、彼もきっと居心地が良くなるに違いない」と思ってしたことが、墓穴になることがあります。

たとえば有名なのは、男性の言う、

「悩んでいる時・落ち込んでいる時にはそっとしておいてほしい」

というやつですね。

女性は、仲間と会話し、共感することによって悩みを解決しようとする面があります。

対して男性は、一人で決断しようとして黙りこむ傾向にあります。

この時、女性のあなたが良かれと思って

「なんでも話してよ」

と迫るのは男性にとってストレスになります。

また、

「重要な時に何も話してくれないなんて、私は必要とされてないのね」

という風にあなたが落ち込んでしまうのもよくありません。彼はあなたのことを大切に思っているからこそ、何も話さないのかもしれません。

そんな時は、彼から何か言ってくるまで待ちましょう。

しかし「そっとしておいてほしい」は、「放っておいてほしい」という意味ではありません。「悩んでいるあなたのことを、ちゃんと気にかけていますよ」というアピールのためにも、たとえばちょっとお茶をいれてあげて、すぐに退散するなど行動で示してあげましょう。

女の常識が、男の非常識である場合もあるんです。

だから、男の常識を教えてくれる人の存在は、とっても貴重なのです。

エスパーじゃない私たちには、時に男友達のアドバイスも必要!

私たちはエスパーではありませんから、

「きっと彼はこうされたいに違いない」

と思っても、はずれてしまうことだってあるんです。

少し気になることがあれば、ぜひ男心のわかっている男友達になんでも相談してみましょう。目からウロコのアドバイスをもらえるかも(お礼に女心を教えてあげることも、お忘れなく!)。

もちろん、男であるとか女である前に、片思いの彼も一人の人間です。

ですから、決して彼自信がどういう人なのかを見失わないようにしながら、男友達のアドバイスを参考にしてみてくださいね(参考「片思い女子が恋愛ハウツーコラムを読むうえで気を付けたいこと」)。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。