MIGORO

かわいいあなたもそろそろアラサー!?恋愛の戦略を見直してみない?


かわいいあなたもそろそろアラサー!?恋愛の戦略を見直してみない

「可愛い」「若い」といった、魅力に溢れていた10代から20代前半のきらきらした時代。

しかし、時間は流れるもので、新卒で入社して仕事に慣れてきたらもうそろそろ25歳……え、それってアラサー!?

女性も年を重ねてくると、若さや可愛さといった武器だけでは、この恋愛の大海原を渡るには少しばかりきつくなってきます。

25歳、アラサーの足音を聞いたら、ぼちぼち恋愛の戦略を変えてみませんか?

「ぶりっ子で物知らずなところもカワイイ♪」は20代前半まで

10代~20代前半の女性は、まだ学生の人も多く、男性サイドからも「物知らずなところ」「屈託がなくて礼儀がなってないところ」「ぶりっ子なところ」も魅力だと捉えてもらえます。

そのようなアピールポイントを強みにしてうまく彼氏を作ってきた人は、

「これが唯一の絶対正しいやり方だわ!」

そう信じて、まったく戦略を変えないままにアラサーになります。そして、自分の恋愛のうまくいかなさに悩むようになります。

「今までずっとこのやり方で彼氏が途切れたことがなかったのに……なぜうまく行かないの!?」

そう思って悩んでしまう女性たち。

なぜか美人も多いようです。

もしかしてあなた、身に覚えがある?

アラサーになってくると、人は外見よりも中身を見ます

結論から言うと、あなたの恋愛がうまくいかないのは、あなた自身が年齢を重ね、周りの目が変わってきたからです。

「今までは可愛い可愛いと思っていたけど、さすがにアラサーでそれはちょっとまずいのでは?」

といったマイナスの評価に転じていくことがあるのです。

物知らずも若いからこそ許されてきました。

でも、もうあなたも適齢期に差し掛かり、周囲の男性はあなたに

  • 家計を任せるだけの知性や、子育てをこなせるほどの教養があるか。

  • 一緒に長い時間を過ごせて飽きないほどの、実りのある会話ができるか。

  • 世間でうまく立ち回れる礼儀はあるか。気遣いはできるか。要するに、空気が読めるか。客観視ができるか。

といったことを、無意識下でジャッジしているのです。

「この女性はもういい年齢なのに、中身が伴ってないな」

そう思われたら、恋愛はうまくいかなくなるのです。

今まで長所だと思っていたアピールポイントが、一気にあなたの欠点へと変わるのですね。

ちなみに、このことはあなたがどんなに若く見えても変わりません。

たとえ、あなたがまだ10代に見えるほどの童顔でも、現実の年齢としてアラサーになってきたのなら、あなたは中身を重視されます。実際に若いのと、若く見えるのとでは大違いだということを肝に銘じてくださいね!

アラサーの片思いに焦りは禁物。自分の人生をより楽しんで!

「いつまでも若い女気取りな女性」に対しての世間の目(特に男性の目!)は冷たいものです。その女性が、自分の中身がお粗末なことに気が付いておらず、客観的な見方ができていないからです。はっきり言ってしまうと「イタイ」ってこと。

だからアラサーの足跡を聞いたら、中身も魅力的な女性になれるように、ぜひ今まで以上に自分磨きの時間を取るようにしてください。

自分磨きと言っても、「男にモテるため!」という理由ではいけません。

あなた自身の中身を深めるために、自分を磨くのです。

言い換えれば、あなたがあなたの人生を楽しむためということです。

「可愛い」「若い」といった評価は、あなたが年を重ねれば変化してしまうかもしれないものです。

年を重ねれば当然、若くなくなります。今よりも可愛くなくなるかもしれません。

しかし、もしも中身の魅力を磨くことができれば、それはあなたの財産になります。こちらはきっと、変化しない評価となるでしょう。

もしも「片思いの彼が振り向いてくれない……」「彼氏ができない……もうアラサーなのに」と焦りの気持ちが出てきていたら、騙されたと思って、恋愛以外の自分の人生を楽しむことに集中してみてください。もちろん、いつ恋のチャンスがあってもいいように、外見に気を配ることは忘れずに。

客観視ができると、人間関係もよくなり、男性からも好印象

いつまでも若い女気取りな女性は、客観的な見方ができていない女性だ――。

そう先ほど書きましたね。

客観視ができるかどうかということは、人間関係を作る上でもとても大事です。

以前、お店に入った時に、若い女性の店員を叱りつけるおばあさんを見ました。きっとなにか不愉快なことがあったのでしょう。

「あんたなんか腹が立つんだよ!!! あんたのような冷たいような言葉を言う女は死んでしまえ! 冷たい言葉は人を傷つけるんだ! 私の心は傷ついた!」

そう言って顔真っ赤に怒っているおばあさんを見て、私は心底驚きました。

「死んでしまえ」とひどい言葉を言うような人が、「冷たい言葉は人を傷つける」と説教をしていたことに。

そのおばあさん、失礼ながら幸せそうには、とても見えませんでした。

おそらく、自分のことを客観視できないままに、年を重ねてしまったのですね。

これってとっても怖くないですか?

自分のことがよく見えるようになれば、他人のことを傷つける機会もぐっと減ります。

あなたも幸せになり、周りとトラブルも起きなくなります。

そして結果的に、そういう女性のほうが男性にも好かれるのです。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。