MIGORO

片思いの彼とケンカを避けて冷静な話し合いをする上手な方法


片思いの彼とケンカを避けて冷静な話し合いをする上手な方法

ケンカは好きじゃないけれど、誰しも感情を持つ人間なので、衝突してしまうことはあります。

しかし、ケンカというのは見方を変えると、二人の関係をよりよくするチャンスの時でもあるのです。

今回は片思いの男性とのケンカを上手に避け、冷静な話し合いに持っていく方法をお伝えします!

片思いの時期から、付き合った後にも使えますよ。

男女のケンカは2人の価値観をすり合わせるチャンスでもある

ケンカをするのは二人の関係をよりよくするチャンスだと、冒頭で書きましたね。

これは、ケンカをする場面=二人の価値観の違う場面ということなので、ここをクリアできれば、今後はさらにいい関係を築けるという意味です。

ケンカにならないままに、どちらかがどちらかを我慢してため込んでいてはよくありません。

「君(あなた)のこんなところがずっとイヤだったんだ!」

と後でまとめて爆発してしまい、後戻りのできないところまできてしまうほうがまずいからです。

後で大爆発を起こすよりも、小爆発で何度かガス抜きする方が関係は長持ちします。

まずはケンカの予防策――ケンカになってしまう理由は、相手が自分の思うようにしてくれないから

とは言え、本当はなるべくならケンカなんてせずに歩み寄り、冷静な話し合いの中で価値観をすり合わせるほうがいいに決まっています。

ケンカになる理由としては、突き詰めると

「相手が思うようにしてくれない!」というものだと思います。

たとえば、頼んだチケット取りをしてくれない。

何度注意しても堂々と遅刻してくる。

「どうして直してくれないの!?」

と愚痴をこぼしたくなるのもわかります。

しかし、あなたの「してほしい」という想いはあくまでも依頼やリクエストであって命令ではないので、相手が変わることをはなから期待してはいけないのですね(参照「人間関係の悩みは選択理論で解決できる!片思い編」「人間関係の悩みは選択理論で解決できる!女子力アップ編」)。

こういう意識を持つだけでも、相手との衝突はかなり減るはずです。

さて、しかしそれでもケンカに発展してしまうこともあります。

次からそうなってしまったときの、対処法について説明しましょう。

対処法1、このケンカに「あなたへの人格への好き嫌いは関係ない」と先に宣言してしまう

これは実に有効な手だてです。

恋愛相手とケンカしていると、途中から「私(俺)のこと本当に好きなの? 好きならこんなことでいちいち目くじら立てないんじゃないの?」という議論にいつの間にかすり替わってしまうことがあるんですね。

「あなたが毎回遅刻してくるのは、私のことがそんなに大切じゃないからでしょ? キーッ!」

とか。

でもケンカに相手への好き嫌いの感情はあまり関係ありません。

もし関係あったとしても、そのことを話題にすることはデメリットしかありませんので、やはり言わない方がいいです。

ケンカになりそう、でもコレだけは言っておかないと……と思ったら

「このことは、あなたへの好き嫌いの気持ちとは関係なく言うけど」

などと必ず前置きした方がいいのです。

対処法2、相手のひどい言葉は、はじめから取り合わないこと

続いて相手がひどい言葉を言ったときの対処法です。

あなたの側がいくら冷静でも、相手の頭に血がのぼっている状況だと、時にひどい言葉を吐かれてしまうことがあります。

もちろんあまりにひどいときには相手との関係を考え直すことが必要です。

でも、あなたが相手のことを大切に思っていて、関係を続けたいのなら、うまい交わしかたを覚えておかなくてはいけません。

ひどい言葉を吐かれて傷ついたとき、思わずやり返すか、黙って耐えてしまう人が多いですが、その二つはいずれも得策ではありません。

前者だと相手は

「この女性は自分に歯向かう敵だ!」

とみなし、あなたへの攻撃が増してしまいます。

後者だと、

「黙っているなんて、俺の言うことがわかっていないのか?」

と思わせてしまい、こちらもまた攻撃が続くことがあります。

そこでおすすめするのは、暴言を吐かれたら間髪入れずに

「ひどい」

「傷ついた」

などと一言のみ伝え、すみやかに退散することです。要するに、言い合いを避けます。

言い返したり、黙っていたりすることでケンカを続行してしまうと、男性はあなたと闘おうとしてしまいます。

しかし、理想的な恋愛関係においては、女性は常に男性に守られるべき存在です(参照「片思い女子に告ぐ!男性を上手に頼って愛される方法」)。守られるべきお姫様が、王子様に敵とみなされては、その恋愛は一気に破綻します。

そこで、あなたは「ひどい……」と一言だけ伝え、その場を退散します。

相手は一人にされ、冷静になる時間を与えられることで、あなたのことを「守るべき相手」「傷つけてはいけない相手」だったことを思い出させます。

そうすれば、自ずと相手の感情は落ち着くはず。相手から話しかけてくるのを待ちましょう。

以上の2つの心がけと、先ほど述べた予防に気を遣えれば、ケンカを避けて、上手に話し合いにつなげていけるでしょう。

最後に――相手がこんな態度に出たら要注意です!

注意したいのが、相手がケンカ中にあなたが嫌がるような言葉を言い続けるような場合です。

特に、現在のケンカの内容にまったく関係のない、人格攻撃のような暴言が出てきたら要注意です(たとえば「ブス!」「前から思ってたんだけど君って○○なところがあってうんざり」などなど)。

その場合は、相手がもしかして少々未熟な男性で、素敵なあなたにはふさわしくないかもしれません。

一緒にいてもあなたが辛い思いをする可能性が高いので、ぜひその人との関係を考え直してみることをおすすめします。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。