MIGORO

都内に住むあなたへ。片思いの彼と鎌倉でデートしてみよう!


都内に住むあなたへ。片思いの彼と鎌倉でデートしてみよう

片思いの彼とデートする機会に恵まれた時も、デート先の候補がたくさんあると悩んでしまいますよね。

東京都内からほど近いデート場所でオススメなのが、鎌倉です。

移動時間は短いのに、小旅行気分も楽しめる鎌倉で、片思いの彼と少し大人のデートをしてみませんか?

なぜ今鎌倉デートがオススメなの?

なぜ今鎌倉デートがオススメなのでしょうか。

1、会話が深くなる&彼の知識を聞かせてもらえる!

鎌倉といえば、歴史が古く、寺社仏閣がたくさんあることで有名ですね。

このようなデートだと、ただ一緒にいて楽しいだけでなく、会話も深いものになります。

特に歴史についての知識が詳しい男性なら、あなたにいろいろな話を聞かせてくれるでしょう。その時あなたは「すごーい」「詳しいね!」「頭いいね!」などと言って、褒めましょう。相手もいい気分になってくれるはず。

もしも彼が歴史にそんなに詳しくなくても大丈夫。

豊富な緑のある鎌倉には、ミニギャラリーや、おしゃれなカフェもたくさんあるので、一緒に楽しんでリフレッシュできます。

2、都内からだと近い

都内から鎌倉へ行くには思いのほか、時間もお金もかかりません。

たとえば、東京都の中心である新宿からは、湘南新宿ラインを使って鎌倉へ1時間ほどです。

ですから、平日が忙しい時の週末にも交通費や移動時間があまりかからないので、気兼ねなく日帰りで小旅行気分が味わえます。

3、大人になってから行ってない人は意外と多い

子供のころ遠足などで鎌倉に訪れた人も多いはずですが、大人になってからは行っていないという人が多いものなのです。

ですから、「子供のときに来たときと一緒だ!」逆に「だいぶ変わっておしゃれになってる!」などといったことで感動することができるでしょう。

過去との比較で、感動が引き出しやすいということですね。

片思いの彼と感動が共有することができると、あなたへの評価も上がるのです。

鎌倉ならここに行け!オススメスポット5つ

北鎌倉と鎌倉の、オススメのスポットをご紹介しましょう。

知る人ぞ知るという場所もあります!

1、北鎌倉古民家ミュージアム

北鎌倉駅からわずか2分、築100年の古民家を利用して作ったミュージアムです。

ミュージアムとは言うものの、こじんまりとした雰囲気であまり広くなく、ゆったりと回ることができます。広くないとは言っても展示品が多いので、全てをしっかり見ようとすれば時間がかなりかかります。

常設展と企画展があるので、興味に合わせて回ってみてください。

展示内容だけではなく、古民家などの建物そのものに興味がある人にもオススメです。

ミュージアムショップも小さいながらに品揃え豊富です。

詳細はこちらから→http://kominka-museum.com/kominkawp/︎︎︎︎

2、明月院

北鎌倉駅から徒歩10分、「あじさい寺」として有名なお寺です。

1394年にできたお寺ですが、あじさいをはじめとした花で有名になるのは戦後のことでした。

やはり6月のあじさいの時期には人が多く訪れるため、混雑で疲れてしまいますが、一年中なんらかの植物で楽しませてくれるので、時期を問わずオススメです。

今の時期であれば、そろそろ紅葉が見頃です。

また、女性を意識してのことなのか、敷地内は全体的に可愛らしいイメージ。

飼育しているうさぎや、野生のリスや人馴れした鳥も見ることができます。

3、長寿禅寺

北鎌倉駅から徒歩で15分ほど。

北鎌倉で最も有名なお寺は「建長寺」ですが、その向かいにあるのが小さな長寿禅寺です。

このお寺、実は限定公開で、春(4月~6月)と秋(10月~11月)の週末(金~日)のみ境内に拝観することができるのです。

このお寺のいいところはズバリ美しい庭園です。

特に庭園の秋の紅葉は素晴らしく、まるで絵画を見ているよう。静かにしっとりと並んで鑑賞したいものです。このお寺はレアなので、本当にオススメ。

4、鶴岡八幡宮

鎌倉駅から徒歩10分弱。

皆さんもよく知る鶴岡八幡宮ですが、実は恋愛にまつわるお願いも叶えてくれるのです。

敷地内の源平池の近くに「政子石」と言われる石があるのですが、これが良縁に効くと言われているんですね。

これは、鎌倉幕府を開いた源頼朝と、妻である北条政子がおしどり夫婦であったことに由来すると思われます。

また、週末であれば境内で結婚式が執り行われていることも多く、花嫁花婿の幸せそうな姿に刺激を受けて、彼のハートに火がつく可能性も……?

5、鎌倉文学館

鎌倉駅から徒歩20分、江ノ電由比ヶ浜駅から徒歩7分。門をくぐってからもそこそこ歩くので注意です。

旧前田家別邸である建物は、和洋折衷の雰囲気のある屋敷で、建物好きにはたまらないでしょう。鎌倉は多くの文学者が住んだことでも有名で、それにまつわる収蔵品を多く持っています。

とは言え、近年では現代的な作家・作品にも目を向けているようで、現在はライトミステリーである「ビブリア古書堂の事件手帖」の企画展を実施中です(2016年10月1日~12月11日)。

広い庭からは由比ヶ浜が見え、また小さいながらにバラ園もあります(なんと186種類ものバラが見られます!)。バラのシーズンは春と秋なので、時期を狙って訪れてみたいものですね。

詳細はこちらから→http://www.kamakurabungaku.com/

鎌倉デートで注意したいこと

小銭を多く用意しておく!

寺社仏閣の拝観料や各ミュージアムなどの料金の支払いのため、小銭を前もって用意しておくのがベストです。

観光客が多いので、お釣りが多いともたもたしてしまって、スマートではありませんよね。スイカなどのICカード支払いに対応している寺社仏閣もありますが、わずかです。

また、参拝のためにはお賽銭が必要となりますので、それも含め多めに小銭を用意しておきましょう。

歩きやすい靴を履いていく!

鎌倉は坂が多く、よく歩きます。

そのため、スニーカーなどの歩きやすい靴・履きなれた靴で行くほうがいいでしょう。

いくらおしゃれしたくても、ヒールのあるおしゃれな靴を履いて無理して足を痛めてしまうと、片思いの彼に余計な心配をかけてしまうことになります。

紫外線対策をしっかりしていくこと!

特に紅葉のシーズンは、意外と晴れていて紫外線の強い日も多いです。

寺社仏閣は日よけのない場所も多いので、うっかり日焼けしてしまわないように紫外線対策はしっかりしていきましょう(参考記事「白肌を死守せよ!初夏から始める紫外線対策とUV基礎知識」)。

見るスポットの予定を詰め込まないこと!

鎌倉は見どころがとても多いため、ゆっくり見て回ることを考えると到底一日では回れません。

見るスポットは最小限にしぼりこみ、余裕を持って回るようにしましょう。

デートの目的は、「鎌倉の歴史を学ぶこと」ではなく、「片思いの彼と仲良くなること」だというのを忘れないように!

おしゃれなカフェも多いので、こまめに休憩を取るのもいいですね。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。