MIGORO

失恋にもメリットがある!あなたがより素敵な女性になるために


失恋にもメリットがある

相手と片思いだったのか、付き合っていたかにかかわらず、恋の終わり――失恋ってとても辛いことですね。

胸がえぐられるような悲しみや、わいてきてしまう怒りに振り回されることもあるでしょう。

しかし、失恋って、実は悪いことばかりではありません。

あなたが失恋をどのように捉えるかで、あなたの今後の恋愛や交際のスタンスも変わってくるはずなのです。

もちろん良い方向にですよ! 失恋には、あなたがより素敵な女性になるためのヒントが隠れているんです。

今回は失恋の悲しみにくれるあなたにぜひ伝えたい、失恋のメリットについてのお話です。

3つの失恋のメリット

1、自分がよりよく変わるきっかけが生まれる!

失恋してしまって暗い気持ちになってしまうのは、

「私なんかじゃ、彼の心を手に入れることができなかった……」

「私なんて人から愛されないんだ……」

など、自分に対して「どうせ私なんか」というネガティブなイメージを持ち、自己嫌悪に走ってしまうからです。

相手と付き合っていたか・単なる片思いだったのかということは関係なしに、失恋すると自分のことを責めてしまいがちです。

もしくは逆に、

「あんなバカな男に時間を費やして損をした!」

と相手をこきおろしてしまうこともあるでしょう。

この時、あなたは失恋の理由を「自分のせい」または「相手のせい」と考えているわけです。この考え方は実はすごく苦しくて、きゅうくつです。

実際はお互い様な部分もある上、「単にタイミングや相性が良くなかった」ということもあるのです。

ですから、「自分を責めずに、しかし自分の過去の行動を見直してみましょう。そして相手のことも許してあげましょう」

下に挙げるのは、あくまでも例として、ですが。

あなたが良かれと思ってしていた行動が、彼にとっては重荷だったのかもしれません。

もっと素直に気持ちを伝えてくれることを、彼は望んでいたのかもしれません。

要するにコミュニケーションがうまくいっていなかったのかも。

「そんな自分を変えたい!」と思えるかどうかか重要です。

失恋を、自分がさらによくなるきっかけだと思えれば、あなたはネガティブになっていた自分から抜け出すことができるのです。

これは人生においてポジティブな考え方をするための、いい練習にもなります。

2、視野が広がり、真の運命の相手と出会うまでの学びを得られた!

1ともつながる内容ですが、失恋することであなたは学びを得て大きく成長できます。

「失恋は自分が変わるチャンス!」と思えれば、自然に失恋にも意味を見出すことができるのです。

そもそもあなたと彼がうまくいかなかったということは、彼はあなたの真のお相手ではなかったということなんですよ。

少し心の軽くなるお話をしましょうね。

実は、あなたの運命の相手は、世界に何人かいるのです。

その運命の相手は、恋愛やその他のことで、それぞれあなたになんらかの「学び」を与えてくれる人だといいます。

たとえば――

ある人と付き合うことで、「他人と付き合うことの大変さ」

ある人と付き合うことで、「この世には理不尽な男性がいること」

ある人と付き合うことで、「価値観の合うことの大切さ」

ある人と付き合うことで、「運命の残酷さ」

などなどを、数多くの学びを得ることができるのです。

それらの「学び」を与えてくれたら、その人達の役割はおしまいです。

これらの学びは恋愛だけではなく、さまざまな人間関係や、人生の課題に活かせるでしょう。

あなたの人生の視野はぐんと広がり、より魅力的な女性になれます。

そして学びを受け取って成長したあなたは、ついに最後の運命の相手――真の相手に出会います。

それまでの運命の相手とのやりとりは、あなたが真の運命の相手との恋愛をうまくいかせるための、レッスンだったということです。

あなたは失恋のお陰で、真のお相手に対してはもう同じ間違いをおかさずに済むのです。

3、貴重な時間をこれ以上無駄にせずに済んだ!

10代、20代前半のうちはあまりピンとこないかもしれませんが、まさに人生とは「時は金なり」なのです。

いくらでも時間があるように感じる10代、20代前半では失恋をしても「また次がある」と思えるので立ち直りも早いですが、20代半ば以降の失恋だと

「私は恋愛で幸せになれないの?」

「またゼロから恋愛をはじめるなんて……すごく億劫だわ」

なんて思いやすくなります。

あなたの年齡に関係なく、失恋をしたということは、あなたの大切な時間がそれ以上無駄にならずに済んだと考えましょう。

うまくいかない恋にいつまでもしがみついていても、いいことはありません。

それどころか、あなたの自己評価をさげてしまう機会を増やし、辛い思いをする期間がダラダラと延びるだけです。

2でも述べたように、恋がうまくいかなくなったのは、すでに相手があなたに「学び」を与えてくれており、レッスン期間が終わったということ。

それ以上、レッスンの辛い居残り勉強をする必要はありません。

よく言われる言葉ですが、「あなたのこれからの人生、今日が一番若い!」。今恋が終わったことは、あなたにとっていいタイミングだったのです。

あなたの真のお相手と出会うため、歩みを止めるのをやめないでください。

最後に――失恋の意味付けをするのはあなた自身

いかがでしたか。

自分のことを責めたてずに、冷静に自分の良くなかったと思える部分を振り返るまでは、時間もかかるでしょう。

失恋した相手から得た「学び」がどんなものか、整理をするのも一苦労でしょう。

「これ以上時間を無駄にせずにラッキー!」なんて、なかなか思えないかもしれません。

しかし、これができれば、過去のあなたの良くなかった部分がすっかりとなくなり、次の恋愛で活かせるようになるのです。

しかし、もしも失恋をした時に

「私なんてなんの魅力もないから、恋も手に入らないんだわ……」

と卑屈になったり、

「あの男がダメな男だったから、うまくいかなかった!」

と怒りにまかせて相手だけに責任を押し付けたり、

「私の大事な時間が無駄になってしまった……」

と嘆いていたら、それこそ次の恋のチャンスを逃してしまいます。

そういう女性は素敵に見えないからです。

あなたが恋愛で幸せになりたいのなら、「あの時失恋したことはラッキーで、メリットばかりだった」という考えに変えていくのが近道です。

過去の出来事に意味付けをしていくのは、自分自身にほかならないのですから。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。