MIGORO

女性が知るべき男のモテと魅力。どんな男に価値がある?


女性が知るべき男のモテと魅力。どんな男に価値がある?

「恋愛」と「モテ」とは切っても切れない関係ですよね。

あなたが自分の恋愛をうまくいかせたいと思ったら、自分のモテ力をあげることをまずは考えることでしょう。

しかし、モテるかどうかといったことは女性だけではなく、男性にも大いに関係のあることです。

ここをしっかり理解していないと、知らずしらずに男性を傷つけてしまうことにもなるかも!

今回は価値ある男性の魅力とモテ要素について解説し、あなたがさらに恋愛上手になるためのヒントをお伝えします。

女性の「モテ」を考える――パーフェクトガールがモテるわけじゃない

価値があってモテる男というものがどんな人なのか考えるには、モテる女について想像してみるのが早いでしょう。

あなたの周りにいる、モテる女性って、何かしら魅力があるはずです。

「すごく可愛い!」

「性格がいい!」

「ギャップがいい!」

みたいな魅力が。

中には

「失礼だけど、なぜあんな女性がモテるのかな?」

と疑問に思ってしまうような女性もいるかもしれません。

しかし、そういう女性でも同性からは気づかれにくいだけで、男性から見た場合には何かしらの魅力を提供していると考えましょう。

これは、男女の恋愛がそれぞれの持っている魅力を交換しあって成り立つものだからです(参考「資産価値を上げ片思いを叶える!「等価交換の原則」とは?」)。

もしも一見「なぜモテるの?」という女性に見えたとしても、その女性がぜひほしいと男性に思わせる魅力があるのです。

たとえば、顔はあまり可愛くないけど、すごく可愛げのある態度がとれる女性だったり、癒しを与えられるポジティブな女性だったり、恋の駆け引きが上手だったり……ということです。

だから、一口に「モテている」と言っても、実際にはさまざまなタイプの女性がいるわけです。

もちろん、「可愛くてスタイルもよくて、性格に可愛いげもあって、気遣いもできて……」というパーフェクトガールだった場合はそりゃ多くの人からモテますよ!

でも仮にパーフェクトガールじゃなくても、モテる要素はいろいろあるんだ、ということをわかっておきましょう。

モテる男性もパーフェクトボーイとは限らない――男性の価値と魅力を認めよう

価値のあるモテる男性について考えた場合も、モテる女性とだいたい同じことが言えます。

「イケメンで、稼ぎもよくて、背も高くて、話も面白くて性格もバツグンで……」

というパーフェクトボーイであればもちろん多くの女性からモテます。

しかし、仮にこのうちの「話が面白い」という要素だけでもモテることはできるんですね。

さらに「話が超面白い」ということであれば、ますますモテモテです。

それは「話が面白い」ことを再重視する女性も大勢いるからです。

そういう女性は

「顔は普通か、ちょっと下の方でも気にならないくらいに話が面白いことのほうが大事♪」

と思っているので、顔なんて極端な話、どうでもいいわけです。

しかし、「モテる男女」と言った時、多くの人が想像するのはパーフェクトガールやパーフェクトボーイです。

そのため、「モテ」についてちょっとした誤解が起き、恋愛がうまくいかなくなってしまうことがあります。

たとえばこんな風に。

「私が好きな男性のタイプは面白い人なの! でもなぜか今までの恋愛では、うまくいった試しがないのよね……。決してモテる男性をねらって、高望みをしているわけじゃないんだけど」

……さて、この女性はとんでもない勘違いをしています。

彼女は自分が「面白い人がタイプ」ということには気がついてはいるのに、そういう男性の価値については全く気がついていないのですね。

確かに相手はパーフェクトボーイではないのでしょう。

しかし、この男性は「面白い」という魅力的な要素を持っているので、それだけでも大いに価値あるモテ男なわけです。それなのに、女性はこの男性の価値を見誤っているので、相手のことは確かに好きだけど、どこか見下す気持ちも持っています。

男性は女性に見下されることでプライドが傷つけられてしまうため、もしもこの女性がこの男性の価値に気がつかないままにデートを重ね見下し続けると、二人の関係はやがてうまくいかなくなります。

だからこそ、この女性はずっと

「別にモテ男を狙っているわけじゃないのに、なぜ恋愛がうまくいかないの……?」

と悩むことになるんです。

恋愛では男性の魅力的なモテ要素と総合力をよく見よ!

あなたにもしも今好きな人がいるなら、あなた自身がちゃんとその相手の価値を認めてあげられているか考えてください。

あなたが好きになったくらいですから、その男性には「モテ」につながる強い魅力があるはずなのです。

もしもあなたが彼の価値に気がつかずにいれば、相手とつき合えたとしても、彼のことを「どうせこんな男」とどこか見下し続けることになってしまいます。これはお互いにとって悲しいことです。

ただ、逆にあなたが「この男性はこんな魅力があって、それがこの人のモテ要素なんだわ!」と思っても、実はあまりいい男ではなかった、ということもあります。

どんなに相手の男性にモテ要素があったとしても、長く付き合い続けるためには総合的に相手のバランスがとれているかが重要です。

いくらあなたが引きつけられる魅力が相手の男性にあったとしも、浮気性で泣かされたらたまったもんじゃないでしょう?

相手の価値(モテ要素)を認めた上で、相手の総合的なバランスもしっかり見る癖をつけましょう。

そうすれば、あなたにも相手の男性にも優しく楽しい恋愛ができることでしょう。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。