MIGORO

クレンジングのすべて!種類や使い分け、落とす時のコツ教えます


クレンジングのすべて!種類や使い分け、落とす時のコツ教えます

メイクアップをして1日過ごし、帰宅してからお世話になるクレンジング。

メイクをしている女性たちは、ごくごく当たり前に使っているスキンケアアイテムですね。

しかし世の中には、

「とりあえずメイクが落とせればなんでもいいや~」

とばかりに、クレンジングを重視しない女性も多いとか。もしかしてあなたもその一人?

でも実はクレンジングこそが、肌の美しさを保つには重要なアイテムなんです。

今回は、クレンジングの「落とす美容」の大切さから、クレンジングの種類や選び方、疑問に思いがちなダブル洗顔についてまでお届けします。

どうしてクレンジングが重要なの?――「落とす美容」の大切さを知ろう

「美肌になりたい!」と考える人の多くは肌に「与えること」を考えてしまいがちです。

「肌に化粧水を与えて潤せばきれいになれる」

「いやいや、乳液やクリームなどの蓋が重要なんだ」

「それともやっぱり高級で効果のありそうな美容液が必要なのかな?」など。

確かに、栄養を与える美容もとても大事です。

しかしそれ以上に「落とすこと」が大事なんです。

なぜなら、もしも汚れが落ちきっていないままに、化粧水だのクリームだの乳液を重ねていったとしたら……汚れをそのまま肌に封じ込めていることになってしまうのです。

よってまずはクレンジングで肌の汚れをスッキリ落として、与える前の準備をしてあげることが大切です。

汚れのないキレイな肌の上に与える美容をしてあげれば、潤いがどんどん染み渡っていきます。

あなたがもしも今肌トラブルに悩んでいるとしたら、クレンジングの「落とす美容」こそ振り返ってみましょう。

あなたが高級なブランドコスメを買いたいと思っているのなら、まずはクレンジングから変えることをオススメします。

クレンジングの種類と選び方・メイクを落とす時に気をつけたいこと

クレンジングと一口に言っても、その種類はさまざまですよね。

まずはクレンジングの種類を、洗浄力の強さと肌への負担の順に並べてみましょう。

上に行くほど洗浄力と肌への負担が強く、下に行くほど弱くなります。

  • オイルクレンジング
  • リキッドクレンジング
  • ジェルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • ミルククレンジング

その他、簡単にメイクが落とせるお手軽系のクレンジングもあります。

  • クレンジングシート(洗浄力強め・肌への負担も大きい)
  • クレンジングもできる洗顔料(洗浄力弱め・肌への負担は小さい)

あなたがどのクレンジングを選ぶかは、使用感の好みと肌質、そしてメイクの濃さによります。

たとえば、乾燥肌の人が毎日オイルクレンジングを使っていれば、乾燥に拍車がかかってトラブルにつながるかもしれません。

ですから、乾燥肌ならジェルクレンジング以下の洗浄力も肌への負担も小さいクレンジングを選ぶべきですし、できることなら落としやすいメイクをしたほうがいいのです。

そしてどのクレンジングでも、使う上で絶対に守って欲しいのが、

「クレンジング料は多めに使うように心がけ、ケチケチしないこと!」

です。

たとえば、先ほど挙げたクレンジングシートが肌への負担が大きいのは、摩擦が起きやすいからです。

肌を擦ることは、肌を汚くしてしまう要因で、シミなどを作ってしまうことも。

摩擦を最大限に減らすために、多めのクレンジングを手にとって、くるくるとメイクを落としてみてください。

また、まつげエクステをしている人の場合は、オイルクレンジングは使うと取れてしまうので、オイルフリーのクレンジングを使ってくださいね(まつげエクステの接着剤は油分に弱いのです)。

クレンジングを複数使い分けることのススメ

「洗浄力はもちろんあったほうがいいけど、濃いメイクも楽しみたい! どうすればいいの?」

「毎日時間のかかるクリームクレンジングをするのは面倒くさい……」

そんな悩みを解決するのが、クレンジングの複数使いです。

別にクレンジングは一種類しか使っていけないわけではありません。

あなたの肌質やお財布事情、その他のニーズに合わせてクレンジングを使い分けましょう。

たとえば以下のように。

乾燥肌だけど、たまにはスッキリしたい

普段はクレンジングもできる洗顔料でメイクを落としてできるだけ負担を減らし、たまにザラつきが気になる時だけ、オイルクレンジングやリキッドクレンジングを使う。

もしくは、Tゾーンだけはオイルクレンジング、Uゾーンはミルククレンジングを使うなど。

毎日濃いメイクだからクレンジングにかかるコストが気になる……。

週の半分はドラッグストアなどで買えるリーズナブルなクレンジングを使い、週の半分はお気に入りのクレンジングを使う。

もしくは、目元や口元などには専用のメイクアップリムーバーを使い、その他はリーズナブルなものを使う。

最近残業続きだから、早くメイクを落としてとにかく寝たい

残業の日に限り、クレンジングシートを使う(※摩擦が気になるなら洗い流し不要のリキッドクレンジングなどを足して、水分を増やして摩擦を減らす)。

いくら洗浄力のあるものでも、メイクを落とさないまま寝るほうが肌へのダメージは大きいのです。


どんなに使い心地のいいスキンケア効果の高いクレンジングであっても、落とすのに時間がかかるものであれば、疲れている日は手が伸びなくなります。

いくら高級なクレンジングであっても、使っていないので結果的には損をしてしまいますよね。

いくつかのクレンジングを予め用意しておくことで、自分の状況に合わせたケアができ、お財布にも優しいのです。

ぜひあなたも今日からクレンジングの使い分けを始めてみてください。

クレンジングのダブル洗顔って必要なの?

ところで、

「クレンジングのダブル洗顔ってしたほうがいいの? メイク汚れが落ちてるなら洗顔はしなくてもいいんじゃないの?」

という疑問を持っている人もいるでしょう。

結論から言うと、ダブル洗顔は「必要です」!

それは、顔の汚れには二種類あるからです。

  1. メイクなどの油溶性の汚れ→クレンジングで落とす
  2. 外気などでついてしまったホコリ・汗などの水溶性の汚れ→洗顔料や石けんで落とす

普段ノーメイクで過ごしている人であれば、洗顔料や石けんだけでOKですが、メイクをしているのならクレンジングが必要です。

しかし、クレンジングの中には「ダブル洗顔不要」と記載してあるのは、油溶性の汚れも水溶性の汚れも落とす機能があるものです。

もしも「ダブル洗顔なんて面倒くさい!」と思うのであれば、ダブル洗顔不要のクレンジングを選んでください。

ダブル洗顔不要のクレンジングでダブル洗顔をすると肌が乾燥しやすいので、しっかりとパッケージの記載内容を確認してくださいね。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。