MIGORO

外面の魅力も内面の魅力もトータルに磨かなければ、片思いの恋は叶わない


外面の魅力も内面の魅力もトータルに磨かなければ、片思いの恋は叶わない

「こんなに努力をしているのに片思いの彼が振り向いてくれない」

「アプローチでゴリ押ししているのに、なんで私じゃダメなの~?」

なんてお悩みの片思い女子の皆さん、いませんか。

ちょっとドキッとするかもしれませんか、タイトルの通り、「外面の魅力も内面の魅力もトータルに磨かなければ、片思いの恋は叶わない」ものなのです。

今回は外面と内面の魅力を磨くとはどういうことなのか、また片思いに活かすためにどのようなことを心がければいいのかということまでご説明します。

男性にとっての忘れられない女性ってどんな人?

男性にとって、忘れられない女性がどんな人かというのは、女性の自分磨きでとても役立つヒントとなります。

以前、筆者の周りの「昔の彼女や好きだった人が忘れられなくて次の恋にいけないよ」と嘆く男性たちに、その彼女がどんな女性だったか聞いたことがあるんですね。

すると彼らはみんなこんな風に言うのです。

「すごく可愛い子だし性格も良い、天使みたいな子だった」

「美人で気遣いができて、俺にはもったいないくらいの女性だった」

「じゃあその子以外の元彼女や、いい感じだった子に未練はないの?」と尋ねると、

「性格はすごく良かったけど、顔はあまりタイプじゃなかった」

「顔は可愛かったけど、とにかく自己中でデートでもドタキャンがすごくて耐えられなかった……」

などという答えが返ってきたのです。

さて、サンプル数は少なめですが、ここからわかることはやはり男性にとって「忘れられない女性」とは、

  • 顔などの容姿がいい(外面の魅力)

  • 性格がいい(内面の魅力)

の2つがそろっている女性ということになります。

どちらか一方だけだと、男性と付き合うことはできるけど「忘れられない女性」までにはなれないってことですね。

「そんなの当たり前じゃん! 性格のいい美人なんてモテるから忘れられないに決まってるよ」

なんて思った方こそ続きをお読みください。

片思いの彼をメロメロにできるのは魅力的な外面と内面

他の記事でも書いているのですが、片思いにおいても、まずは外見の魅力で男性を引きつけることが大事です。

美しい外見で引きつけ→ちょっと男性を振り回して→豊かな内面を感じさせる

という順番で片思いの彼を虜にしていくのです。そう、片思いの彼をメロメロにするには外面と内面との魅力を兼ね備えた、忘れられない女を目指すのが手っ取り早いんですね。

忘れられない女性を目指すことで手に入る恋愛のメリットは以下になります。

  • 付き合う前の片思い状態で、あなたの価値を相手にわからせ、「手にいれたい」と思わせることができる

  • 男性とのお付き合いしている最中も、相手に手放したくないと思わせることができる

  • 別れたあと、あなたもその男性に未練がある場合、復縁の可能性がぐんと上がる

が、美しい外見と豊かな内面を手に入れることって、すごくハードルが高そうですけど、果たして目指せるんでしょうか?

「あくまでも片思いの男性一人にとって」魅力的な外面と内面であればOK

忘れられない女性は、外面の魅力も内面の魅力もそろった女性ということですが、この女性が万人にとって「忘れられない女性」であったかというと別にそういうわけではありません。

「あくまでもその男性本人にとっては、忘れられない女性であった」ということにすぎないのです。

だから最初の方で挙げた2つの魅力について正確に言い換えると

  • 顔など容姿がいい(外面の魅力)→「その男性にとって」ものすごく好みの外見だった

  • 性格がいい(内面の魅力)→「その男性にとって」とても性格がいいと思える内面だった

ということなんですね。

外面・内面ともに自分にとっていいと思えれば、当然その女性の価値は上がり、忘れられない女性だと感じるわけです(女性の価値については「資産価値を上げ片思いを叶える!『等価交換の原則』とは?」の記事で詳しく書いています)。

極端なことを言えば、万人が感じる絶世の美女になる必要もなく、万人に親切なマリア様のような女性になる必要もないのです。

あなたがやるべきことは、片思いの彼一人をよく見てコミュニケーションをとり、彼がどんな人が知っておくこと。

彼が求める女性の美しさや、どんなことに思いやりを感じるのか見て、それに沿うように行動すること。

ものすごく難しいことのように思うかもしれませんが、大丈夫です。

大多数の男性のものの考え方について知り(参考「男と女はこんなに違う!絶対覚えておきたい3つの違い」)、それと比較して片思いの彼がどのような考え方をしているのかよく見るようにするのです。

外面の魅力と内面の魅力は密接に関わるもの――トータルな自分磨きが大切

また、先ほどから外面の魅力と内面の魅力をまるで別のもののように語っていますが、実は2つは密接に関わっているものなのです。

いくら外面が美しくても、性格がきつくていつも文句ばかり言っていては、男性はその女性を可愛いとは思えません。

逆に見た目は・・・であっても、頭の回転も性格も良くてニコニコしていればそれなりに見えるものなのです。

もちろん、自分が最大限に美しくなるための努力は必要ですよ。

でもそちらにかかりきりになって、内面を磨く努力を怠れば、片思いの恋を叶えて幸せを手に入れることは難しくなってしまうんです。

また、いくら性格が良くても外見への気遣いが見られない(ファッションがいいかげん、太りすぎなど)と、片思いの男性から「性格もズボラそうだな」と思われてしまうでしょう。

どちらか一方の魅力に気を取られるのではなく、どちらもバランス良く、トータルに磨くという視点が絶対に必要なのです!

しかし、世の中にはこのバランスをわかっていない女性が意外に多いのです。

たとえば以下のような相談。

「片思いの彼とデートしてもあまり会話が弾まず、相手も楽しくなさそう。私の見た目が好みじゃないのかも。だからメイクを変えるために新しいアイシャドウを買ってみたの」

なんて女性がいれば、

「問題はたぶん、あなたのアイメイクよりも、あなたの内面の性格から出る態度が彼を戸惑わせているんだよ」

と答えます。片思いの彼とデートできるところまでいったのに、会話が弾まないのは外面よりも内面の不一致の可能性のほうが高いと考えられるからです。新しいアイシャドウで自分自身はなんとなく新鮮な気持ちになるかもしれませんが、彼への接し方を変えない限りはずっと関係に変化は訪れないでしょう。

「片思いの彼に振り向いて欲しくて、思いやりの心を育てるためにボランティア活動をはじめたの」

なんて女性がいれば、

「それはあまりにずれているよ。あなたの内面を片思いの彼に見てもらうために、男性好みのファッションやメイクなど外面の魅力を研究するほうが先じゃないの?」

と答えます。まったく片思いの相手に振り向いてもらえていないということは、この女性の外面の魅力が、そもそも相手のストライクゾーンに入っていないと考えられるからです。これではいくら経っても彼女の内面の魅力は、片思いの彼に伝わりませんよね。

最後に

今回のまとめです。

  • 男性にとって忘れられない女性とは、外面と内面との魅力が備わった女性である。片思いの人を引きつけてメロメロにするためにも、外面と内面との魅力が必要(※どちらか一方だけでも付き合うことはできるかもしれないが、メロメロにさせるような、忘れられない女性にはなれない!)。

  • ただし、万人にとってではなくあくまでも「片思いの人にとって」あなたの外面と内面とが魅力的であればいいだけ。片思いの彼をよく見てコミュニケーションを取り、彼自身がどんな人かさりげなく研究すること。

  • 外面と内面の魅力は実は密接に関わっているため、どちらもトータルに磨くという視点が絶対に必要。片思いの彼との恋愛で何かつまずきがあったら、その視点が抜け落ちていないか振り返ること。

片思いの恋は時に辛く苦しいものですが、男性は「この女性こそ!」と思える人が見つかれば絶対に手放しません。

外面と内面の魅力を磨くことで「忘れられない、この女性」に選ばれることができるんですね。

万が一、あなたが片思いの恋に苦戦していても、あなたに魅力がないわけではありません。

魅力が相手にうまく伝わっていないか、相手の好みにたまたま合わなかっただけですのであまり気にしないようにしましょう。

しかし本当にその片思いの彼を諦められないのならば、片思いの彼をもう一度よく見て、彼好みになるように外面と内面の魅力をトータルに磨くことに全力を注いてくださいね。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。