MIGORO

モテる女はますますモテる!その理由とモテる方法


モテる女はますますモテる!その理由とモテる方法

異性との関係を考えたときに、必ずと言っていいほどキーポイントとなるのが

「あの子はモテるから~」とか「私はモテなくて……」とか「昔はモテたけど、今はさっぱり!」

とか、「モテ」のことです。

モテる男女の方が恋愛はしやすいのは事実。モテる女性になればなるほど自分の好みの男性から言い寄られる可能性は上がります。

しかも、実はモテればモテるほどにさらにモテるようになるってご存じでしたか。

その理由からモテる方法、交際後に相手からモテるための心がけまでお届けします。

今回の記事を読めば、あなたのモテに磨きが掛かることは必至ですよ。

「恋愛」は誰のもの?――恋愛は特権ではない!

モテについて考える前に、「恋愛は誰のものか」について知っておきましょう。

私たちは小学校高学年くらいから思春期に突入すると、異性や恋愛に興味が出てきます。しかし、実際に男女交際をはじめるような男女は少し目立つようなタイプ――要するに、人気があってモテるタイプ――であることが多いでしょう。

地味で目立たないタイプの人は、自分も異性や恋愛に興味があるものの、

「自分なんかが恋愛をしてもいいのかな。笑われないかな」

という想いを抱いたまま、異性との関係に踏み切れないことがあるのですね。

ここで恋愛ができる、いわゆるモテる男女と、そうではない男女に分かれます。

だから恋愛は元々目立つ人たちだけのものだというイメージがつき、そのため

「恋愛はしょせん元からモテるタイプの人のための、特権なんだ」

ということを言う人がいるのですね。

しかし、実際にはどのようなタイプの人であっても恋愛はしてもいいのです。恋愛は誰かに許可されてするものではなく、どちらかというと食事をしたり寝たりといった生理的な欲求に近いからです。

だから結論としては「恋愛はみんなのもの」なのです。でも今もなお、「恋愛は一部の人たちだけのもの」という風に考えて、自分自身を恋愛から遠ざけてしまう人たちはいるのです。

こういう人たちは、恋愛の経験値がいつまで経っても積めないので、異性に効果的なアプローチができないままに時間が過ぎてしまうことが多いのです。

だからいつまでも「モテない人」になってしまうんですね。

モテる人はモテない人に差を付け、モテ続ける!

思春期に恋愛ができなかった人(モテない人)が、大人になっても恋愛に苦手意識を抱くのは、恋愛を謳歌してきた人(モテる人)との実力差を感じてしまうからでしょう。

モテる人たちはさまざまな恋愛を通して経験を積み、ある程度アプローチのパターンを学び、そのことでモテない人とどんどん差が付いていく。

そしてそういう人は、モテればモテるほどに、さらにモテていくのです!

さぁ、いよいよ本題に入っていきましょう!

モテる人がますますモテようになる理由

1、モテることでさまざまな経験をし、異性を見る目やコミュニケーション能力が養われるから

モテる人というのは、異性からアプローチされる機会やデートをする機会の多い人ですよね。

だから

「自分のどんな仕草や、ふるまいに相手がキュンと来るのか」

とか

「どう見せれば、自分が一番魅力的になるのか」

といったことをよくわかっています。

そのため、さらに魅力に磨きがかけられて、多くの異性から求められる人になっていくのです。

さらに、ここで言う「魅力」とはコミュニケーション能力も含まれています。異性との交流を通じて、どのような言葉をかけることで相手との関係がうまくいき、会話が盛り上がるのかといったことを経験的に学ぶことができるのです。

2、「モテること」自体がその人の価値を上げ、さらに人気が出るから

続いて、「その人がモテている」という事実によって、さらにモテは引き起こされます。

若い男性は特にですが、恋愛相手のスペックを重視します。

相手の容姿はもちろんのこと、「羨ましがられる女性と付き合うことで、周りから一目おかれたい」という願望があるのです(なんて言うと、ちょっと嫌な感じを受けるかもしれませんが)。

だから、容姿の魅力に加えて、その女性が男性の中で人気があるかということも重要な要素になるわけです。

逆を言えば、正直そんなに容姿の良い女性ではなくても、「なぜか男性には大人気!」という女性であれば、その「大人気」という事実そのものがさらなる人気(モテ)を呼び寄せるのですね。


以上2つの理由から、モテる人はモテ続け、モテない人はずっとモテないまま……ということが起こるのですね。

あなたが数多くの男性にアプローチしてもらうためには、まずはそこそこモテる女性にならなければいけません。

あなたがモテようになる方法――「モテ」は環境の変化と本人の変化でも引き起こされる

しかし、他の記事でも書いたのですが、「モテ」は環境によっても変化します。

ある人が「自分はモテないなぁ」と思っていても、環境を変えればモテモテということがあり得るのです。これは環境が変われば、求められる人も変わるからです。

また、モテはあなた自身の変化によっても引き起こされます。

たとえば、ある女性が若い頃はあまりおしゃれなどに興味がなかったが、ある時を境に目覚めて魅力が花咲くといったことがありますよね。

こんな時には急にモテる女性に生まれ変わる、ということが起きます。

だからあなたがもしも今の自分を「モテない」と感じているのなら、環境を変えるか、環境に合わせて自分を変えるかを選べばモテに結びつくのです。

「私ってモテた経験がないなぁ」

なんて思っているあなたも、少しやり方を変えるだけで簡単にモテる女性の仲間入りができるかもしれませんよ!

そしてモテた実績さえあれば、あなたは先ほどの2つの理由からますますモテるようになっていくんです。

交際が始まると女性のモテる力は落ちる!?

さて、先ほど、「モテることそれ自体によって女性の価値が上がり、そのことに興味を持った男性たちからますますモテるようになる」といったことを書きましたね。

こういう女性を好きになっている男性たちは、

「俺こそが価値のある彼女と結ばれたい!」

と夢中になっている状態です。

しかし、いざそのうちの誰かとその女性が付き合い始めたら、なぜか女性側は安心して気を抜いてしまうことが多いのです。女性のモテの力が弱まるのですね。

これは女性が多くの人からチヤホヤされる状態よりも、特定のパートナーがいる状態のほうを「安定したゴールだ」と思うから。ゴールに到達した以上は、あまり努力する必要を感じなくなってしまうのです。

でも、これは男性側にとってあまりいいことではありません。

なぜなら、男性は女性のことを「価値が高い」と思ったからこそ付き合いたかったのです。できるなら、ずっと女性のことを価値の高い女性だと思い続けたいのです。

交際後も、交際相手の男性からモテ続けるには?

交際が始まっても、男性にとってその女性が価値のある存在と感じさせるためには、相変わらず他の男性にもモテている女性を演じればいいということになりますね。

かと言って、特定の相手がいるのに「他の男性とも遊んでいる浮気っぽい女性」になってしまっては、信頼をなくしてしまいます。それに女性の本音としても、愛する恋人がいる以上、他の男性には好かれなくていいわけです。

だから、特定の恋人ができたなら、その人に的を絞ったモテを目指し、その人「のみ」からモテモテになるようにすればいいのですね。

外見の魅力を維持することは当然として、心構えとしては以下のようになるでしょう。

  • 「他の男性がどうか」ではなく「彼がどうか」という視点で考える。

  • 「自分がこうしたいからする」ではなく、「2人がより親密になるにはどうしたらいいか」を考え、実行する。

  • 彼を大切にするのはもちろんだが、彼を中心にしてあなたの生活を考えない。あなたは自立した女性であることが、彼をますます引きつける。

このようにすると男性は彼女にますます魅力を感じるようになり、勝手に

「こんなに素敵な僕のパートナーなのだから、他の男性にとっても素敵に違いない! 取られないようにしないと!」

と考えるようになります。

そうなればしめたもので、彼は交際後もあなたに価値を感じ続け、大切にしてくれるはずです。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。