MIGORO

浮気心について知る!風俗に行く男性をどう考えたらいい?


浮気心について知る!風俗に行く男性をどう考えたらいい?

見た目だけではわからないこともある、男性の浮気心。

「彼氏がどうやら浮気をしていそう……」

「好きな人が風俗通いをしていた……」

そんなショックな事実を知ってしまうこともあるかもしれません。

でもそんな時に強がりで

「浮気をしたのは私のせいかも!」

「風俗は浮気じゃないし!」

なんて自分をごまかしてはいないですか?

今回の記事では男性の浮気心と、風俗へ行く男性についての考え方をご紹介します。ぜひもう一度ご自分の状況を振り返ってみてください。

男性にはみんな浮気心がある!?――男女の身体の構造から男性の浮気心を知る

男性の浮気心について知るために、まず男女の身体の作りの違いについてお話をしましょう。

女性は子供ができた際には、自分のお腹に子供を宿らせます。

妊娠中は子供の成長を、自分の身体の変化とともに感じられます。当然その間は他の男性の子供を作ることはできません。

対して男性は、子供ができたとしても自分の身体にはなんの変化ももたらされません。自分と性的な関係を持った女性が1人妊娠したとしても、同時期に他の女性をまた1人、もう1人と妊娠させることが(原理的には)可能です。

つまり男性は自分の遺伝子を「ばらまく」ことができるのです。

そういった意味でやはり男性は「数多くの女性からモテたい!」という思いがあり、浮気心へと結びつくことがあります。

これは人間の進化の上ではすばらしい機能です。

なぜなら、「自分の遺伝子を、より多くの他の遺伝子と掛け合わせて新しい個体(赤ちゃん)をたくさん作ることができる!」ということだから。

しかし女性目線だとあまり喜べない面もあります。

妊娠中で自由に動けない時や、生んだばかりの赤ちゃんを抱えて子育て中の時は

「強い人に守ってもらいたい!」

と思い、赤ちゃんの父親にその役割を求めます。しかし、父親が他にも妻や赤ちゃんを持っていると、「自分のところまで手が回らないんじゃないか?」と不安になるからです。

そこで男女間でこんな心理的争いが生まれることになります。

男性→「多くの女性のことを抱きたい!」
女性→「私(そして赤ちゃん)のことだけ見てほしい!」

ただし以上のことは、あくまで身体の構造から見た考察にすぎません。

現在の世の中では

「男女は一組で一対。カップルや夫婦が浮気や不倫をすることは許されない」

というのが常識となり男女ともそれを受け入れていることは、皆さんもよくご存じでしょう。

パートナーがいるのに他の人と関係を持つのは現代人じゃない!?

「男女のカップルは浮気や不倫をしてはいけない」――これが今の世の中の常識ではありますが、それでも「たくさんの異性と性的な関係を結びたい!」という本能が抑えられない男性(もちろん女性も)というのはいるのです。

そういう男性は

  • 浮気をして複数の女性と同時並行して付き合う(二股~複数股)
  • 風俗などで性的な欲求を満たす

という行動で自分の本能と折り合いをつけます。

しかしこれはパートナーから見ればとてもショックなことですよね。

パートナーである以上は、お互いのことを思いやるのが当然であって、それを基盤として2人の関係が成り立っているはず。

でも、自分の欲求を抑えられない――つまり自分に甘い――ということを理由にパートナーを傷つけることをするのは、どう考えても思いやりが足りていないわけです。

「たくさんの女性を抱きたいと思うのは、男性の本能だ!」

というところまではわかりますが、

「だから実際にそれをやってもいいんだ!」

というのはまったく理由になっていないんですね。

そんな言い分がまかり通っていたら、

「食べ物を食べるのは人間の本能だ!」

と言ってお店の商品を勝手に取ってモグモグ食べたり、

「眠いときに寝るのは人間の本能だ!」

と言って仕事中にグーグー眠り出したり、といったことも認めなければいけなくなるでしょう。

現代社会に生きている以上、そんなことをしていたら秩序がなくなり、もはや現代人とは言えません。

よって、いくら本能的にとは言っても、これを理性で抑えられない人というのは、少しキツい言い方をすれば、今の時代に生きる資格がないということなのかも。

多くのまともな現代人の男性は

「あ、あの子かわいいなぁ!」

と少しクラっときたとしても、それが浮気に発展してパートナーを傷つけることを知っているので、実際の行動には移さないものなのですよ。

風俗について①――風俗に行く男性は自分を性病の危険をさらしている

いくら本能的にどうであっても、浮気や風俗に行くことはパートナーへの思いやり不足ということはわかりましたね。

今度はこの点を、風俗にスポットを当てて掘り下げてみましょう。

風俗はご存じの通り、男性がお金を払って女性と身体の関係を持つお店ですよね(女性のための風俗というのもあるらしいですが今回は触れません)。

原則的には性器の挿入(いわゆる「本番行為」)は禁止されていますが、こっそり行っているお店もあります。たとえセックスしないとしてもキスは当たり前にします。

風俗は単に「不潔な感じがする」というイメージがあるだけではなく、実際に以下のような性病が蔓延していることが、何よりも問題なのです。

ざっと並べただけでも

  • エイズ(HIV)
  • クラミジア
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • ケジラミ
  • 疥癬(かいせん)
  • 肝炎
  • 赤痢(せきり)アメーバ症

などなど、数多くの病気が性的な接触で感染することがわかっています。

特に最近猛威を振るっているのは梅毒。梅毒は外国人観光客からもたらされたのではないかと言われていますが、因果関係は証明できていません(梅毒はキスだけでも感染し、脳や心臓にも悪影響が出る恐ろしい病気です)。

とにかく、風俗の世界には病気があふれていることは事実です。風俗に行く男性は自ら進んで病気の危険にさらしているのだと言えます。

もちろん、風俗のお店側は

「うちに在籍している女性は、性病検査をしっかりやっているから安心です!」

とうたっています。

しかし裏を返せば、その言葉が大きなアピールになるほどに「そもそもしっかりやっていない」業界だということ。

それに一度の性病検査から次の性病検査までに、風俗で働く女性が自覚症状のない性病にかかることはじゅうぶんにあり得ます。

風俗について②――パートナーがいるのに風俗に行く男性は、パートナーをも危険にさらしている

そしてその「病気にかかるリスクがとても高い場所」に行くということは、性的なかかわりのある自分のパートナーをも危険にさらしている、ということです。

風俗に行く男性は

「自分が性的な欲求を抑えきれずに風俗に行き、結果として何も知らない大切な彼女までが性病になってしまったら?」

という危険性をまったくスルーしているのです。思いやりが無いどころか、害悪ですらありますね。

つまり、パートナーがいるのに、自分の欲求が我慢できずに風俗に行くような男性は、

  • 風俗に行った結果パートナーを傷つけてしまう危険性に、まったく気がつかない能力の低い人
  • 「パートナーを病気にしても別にいい」と思っている、極端に思いやりに欠ける人

のどちらかであると言えるのです。

こんな男性と果たして長く幸せに付き合っていけるのかは、かなり疑問です。

「風俗は浮気かどうか」などという議論が交わされることがありますが、風俗が浮気にせよ違うにせよ、浮気と同じく相手の心と身体を傷つける行為であることは間違いありません。

最後に――あなたを愛する男性は、自分の欲求よりもあなたを大切にする

男性の浮気心と風俗のお話、いかがでしたか。

多くの男性に本能的な浮気心はあっても、実際に行動に移す人は少数派です。

「ちょっといいな」という女性がいても、まともな男性であるなら大切な彼女を第一に考えるからです。もしも新しい女性に本気になったとしても、以前の彼女ときっちり別れてからアタックするはずで、浮気というどっちつかずな状態にはなりません。

また、風俗で感染する可能性のある性病には、女性の妊娠の能力や将来の赤ちゃんに悪影響が出るものもあります。

あなたの恋愛相手の男性の欲求により、あなたの将来までもが台無しになるかもしれません。だからあなたの彼氏や、彼氏になりそうな人が風俗に行っていたら離れてしまったほうがいいですよ。

あなたを本当に大切にしてくれる男性は、あなたのことを浮気や風俗なんか悩ませたりは絶対にしませんから。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。