MIGORO

【詩 No.30】繋がりのゆくえ



あんなに楽しく話してたのに

人の気持ちは難しくて

少しでも期待してしまうと

なんでなの?

上手く行かない


自分の事、喋り過ぎた?

君はなんて、思ったかな…


手にしたい未来は

遠くキラキラ輝いて

巡り巡るように

私の悲しみを追いかけてくる


不安や思い込みに負けないで

胸を張って好きになりたい


私の気持ちなんて

なんにも見えてないみたいに笑う君が

こんなに好きだから


もっと簡単にいってしまったら

きっと信じる意味も知れないよね


自分の事、喋り過ぎる私だけど

君は今度、何を話してくれるかな

また期待をして

君に会いたくなるよ




The following two tabs change content below.
雨木ルイ

雨木ルイ

詩人。自分の内側を伝える為、中学の時に思いを言葉や絵にして表現し始めた事がキッカケとなり、日々を生きる中で感じる一つ一つの感情や感覚を大事にしながら綴っています。切なさや痛みを希望や夢に繋げる書き方や現実とファンタジーを入り混ぜた書き方が特徴。
雨木ルイ

最新記事 by 雨木ルイ (全て見る)