MIGORO

諦める勇気も必要!片思いの脈なしサインから逆転する方法


片思いの脈なしサインから逆転する方法

相手が脈ありのサインをしてきた時は嬉しいですが、逆に脈なしのサインをしてくる事があるかもしれません。

せっかく自分は頑張ってアプローチしているのに脈なしのサインをされると辛いし落ち込みますよね。

男性は単純で好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと分かりやすい人間が多いです。

そんな単純な男の態度に対してどのように対処したらいいのか紹介したいと思います。

ただ、前提として相手の気持ちを変えるというのはとても難しい事だと理解しておきましょう。

いくら頑張ったとしても報われない事があるのも事実です。

しかし10人いれば10人性格が異なります。

最初はまったく反応がなくても、あなたのアプローチの仕方次第で相手が急に意識し始める事だってありえます。

相手の性格がわかるのは相手の事を見ているあなたが一番知っているはず。

1%でも逆転の可能性があるなら参考にしましょう。

片思いの脈なしサイン3つ例と逆転する方法

1.自分からメールやLINEをしても相手からしてこない

せっかく連絡先を交換して勇気を出して自分から連絡したのに、あまり盛り上がる事もなく、相手から全然連絡が来ないという場合があると思います。

この場合、現状ではあなたの事を恋愛対象とは見ておらず、ただの友達と思っている可能性が強いです。

相手は友達として連絡先を交換したから、事務的な連絡だけでいいやと思っています。

よって相手からの連絡もなく、メールやLINEの内容も淡々とした内容になっています。

自分から連絡したのにそのような内容の連絡が来ると、この人は私に興味がないんだなぁと思ってしまいますよね。

そしてまた連絡する勇気もなくなってしまうと思います。

ただ、片思いを始めたばかりの場合、それだけですぐに諦めるのは早いのではないでしょうか。

始めたばかりは相手も気を使っていて、あえて短い内容で返しているのかもしれません。

よって、片思いを成就させる為のスタートダッシュは自分でしなければいけません。

連絡を取りすぎて重くなってはいけませんが、最初はある程度積極的に自分から連絡をしましょう。

学生の場合、勉強の試験が近い時、部活の大会が近い時、バイトで忙しい時は連絡を控えましょう。

オススメは、相手の休みの日の前日の夜です。

休みは友達と遊ぶ予定があるかもしれません。

明日が休みという事は気持ち的に楽になっていて、多少遅くまで連絡を取り合う事が出来ると思います。

好きな人の予定をある程度知っているのも連絡するチャンスを逃さない為に大切です。

わからない場合は、相手の友達に遠回し聞くのもアリです。

社会人の場合も相手の予定を知っていれば一番いいですが、わからない場合は平日がオススメです。

社会人になると休日は自分の好きな事をしながらゆっくりと休みたい気持ちがあると思います。

自分のせっかくの休みを邪魔されるのはイヤですよね。

よって休みの日は邪魔しないであげるのも大切です。

あなたは何回自分から連絡をしましたか?

2・3回しただけで諦めるのは早すぎます。

具体的なメールやLINEのやり方は『片思いの相手にメールやLINEであなたを意識させる方法』で詳しく紹介しているので参考にしましょう。

頑張った結果、相手から連絡が来た時は脈ありのサインかもしれません。

2.自分から話しかけても相手から話しかけてくる事がない

学校や同じ職場であれば片思いの相手としゃべる機会が多少でもあるのではないでしょうか。

些細な会話でも喋れるだけで嬉しいですよね。

しかし自分からは話しかけても、相手から話しかけてくれないという事で悩んでいる人は多いと思います。

脈なしのサインなのかは、まず相手の性格を知りましょう。

脈なしの可能性として、相手が誰とでも仲良く喋る人で性格も明るい人だとします。

その人に自分からアプローチした結果、明らかにあなたを避けている場合は、残念ながら脈なしの可能性が高いです。

しかし相手が人見知りでシャイな場合、冷たい態度に見えるのが、逆にあなたを意識している事によって冷たく見えている可能性があります。

人見知りでシャイな人ほど好きな人だけではなく異性に対しても何を話していいかわかりません。

よって態度が冷たく見えるけれど、本当はあなたの事を意識しているかもしれません。

男性の場合、男同士だと楽しそうに喋って見えますが、異性の前だと緊張して喋れなくなるという人は多いです。

よって相手がどんな性格なのか把握して、その人に合わせて話しかける事が大切になります。

性格が明るい人であれば、自分の話をしたいはずなので聞き役に徹するがいいでしょう。

笑顔で相手の話を聞いてあげて、リアクションも普段より大げさにしてあげれば相手ものってきてどんどん自分の事を話してくれます。

人見知りでシャイな人の場合は、自分の事を話すのが苦手なので自分から積極的に話してあげましょう。

最近の出来事など自分の事を話しつつ、相手に質問を投げかけるようにすれば相手も話しやすいはずです。

最初は相手の口数が少なくても毎回話す事で徐々に緊張もなくなっていき、少しずつ自分の事も喋ってくれるようになります。

よって明る人の場合は聞き役になり、シャイな人の場合は自分の事をたくさん話してあげましょう。

3.誘っても断られた

勇気を振り絞って誘ってみたものの断られた。

その瞬間この片思いは、もうダメなんだと思いますよね。

残念ながら相手の気持ちとして、その時は脈なしと思っていいでしょう。

しかしあなたが誘ったタイミングは正しかったのでしょうか?

相手を誘う前にあなたはちゃんと自分の事をアプローチ出来ていたのでしょうか?

焦って好きすぎる気持ちを抑えられずに直ぐに誘ったが、結果として断られても仕方ないです。

何故か。

それはあなたの魅力にまだ気づいていないからです。

一度誘って断られたら最初から片思いを始めるつもりでやり直す事が重要です。

何でダメだったんだろうと考えてみて相手にできていないポイントがまだあるはずです。

片思いの彼にアプローチして意識させる方法』を参考にするのもオススメです。

とにかく断られたら0から始めるつもりで焦らず時間をかけて恋を進めて下さい。

片思いは自分がいくら頑張ったからといって必ず成就するという保証がない事実を受け止めなければいけない。

あなたは彼の事が本当に好きで今も悩みながら頑張っていると思います。

しかし相手は人間です。

計算やクイズのように答えに決まりはありません。

相手にゴメンと言われればそれが答えとなってしまいます。

しかし恋愛のチャンスは一度きりではありません。

最初は断られても何回もアタックした事によって、片思いを実らせている人だっています。

その反対に相手に好きな人が出来たり、何回もアタックしてもやはりダメだというのも事実です。

諦めるという決断のタイミングはとても難しいですが、長く引きずるのも辛いだけであまり良い事ではないでしょう。

恋愛の事だけを考えるのではなく、自分の将来について考えてみたり広い視野をもって物事を考える事ができれば、今あなたがやらなければいけない事が見つかります。

それがもう一度アタックしてみるのでもいいし、新しい恋を始めるのでもいいし、自分のやりたい事に向かって頑張るのでも何でもかまいません。

失敗でも成功でもその経験が必ず将来プラスになる事は事実だから。


The following two tabs change content below.
MIGORO編集部

MIGORO編集部

素敵な片思いを始めた女性のためのジュエリーブランド