MIGORO

片思いのあなたに届ける100のポエム


片思いポエム

片思いをしているときは悩むことが多いですよね。

そんなあなたのために片思いのポエムを100個作りました。

苦しいときや悲しいときに読むと共感出来る言葉があると思います。

そして1回だけ読むのではなく、ときどき読み返す事であなたの心に響く言葉が違うはず。

ポエムを読んで焦らず自分のペースで恋愛を頑張りましょう。

片思いをしているあなたに届ける100のポエム

1.今の関係を壊すための言葉は「ずっと好きだったよ」。壊したくなくて出る言葉は「ずっとずっと友達だから」。

2.あの子と話さないでって言えたらどれだけ楽なんだろう。独占欲が私を支配し、醜い感情が剥き出しになる。こんな時、自分の愚かさを痛感してしまうんだ。

3.呼び方が変わっただけで勝手に期待してしまう。ちょっとは近づいたって思ってもいいのかな?その気持ちを確かめる術もないまま渦巻く心。

4.染めてほしい、君色に。感じたい、体温を。寄り添いたい、君と。あと何センチ近づけばいい?

5.いつも瞳はあなたを追っている。目が合うだけで胸が跳ね上がって平常心じゃいられない。こんなに振り回されてる私が私をバカみたいだって笑っている。

6.少し話せた日は嬉しさで抑えきれないほどの笑顔に。来るわけのない君からのメールを待ってしまう夜にやり切れない悲しみ。

7.好きになってもらえるようにじゃなく、嫌われないように話している自分。本音をさらけ出せなくてどんどん遠くなっていく君。

8.背伸びして、つまずいて、心がケガをする。等身大の自分が迷子になって、どこかに置いてけぼり。

9.恋するって欲張りになること?届かない想いを握りしめて、大切に閉まっておくだけじゃダメみたいで。好きだと思えるだけで充分だったはずなのに、近づけるともっとそばにいたくなる。止まらない欲望に戸惑い、ただ苦しむだけ。

10.人が無数に溢れる世の中で、君の声じゃなきゃダメで。君の瞳にしか映りたくなくて。気になって、気にしてほしくて、どこにも往けない自分がもどかしい。

11.毎日君に告白してるよ。叫んでるよ。届いてって祈ってるよ。いつかこんなにも想っていることを伝える自分に会えるのだろうか?

12.素直になりたいのになれなくて。君を好きじゃない振りだけうまくなる。君には私の気持ちが重すぎて、きっと圧し潰されるだろう。嫌われたくなくて、精一杯の演技。

13.交わしてくれる言葉が嬉しくて、気さくなあなたを眩しく想った。いつからだろう?こんなに大きな存在になってしまったのは。

14.これ以上知られるのが怖くて、私は逃げ出してしまったのかもしれない。怯えた心を振り絞ってもう一度頑張ってみるから、他の子を「好きだ」なんて言わないで。

15.時は待ってくれない。過ぎた時間も気持ちも戻らなくて、苦しみと後悔が残る。近づくチャンスは私には高すぎて、身動きがとれない。

16.君に会いたくていつもの時間に待ち伏せ。偶然のふりをして横目で見つめる私に気づいてくれますか?

17.言葉にできない想いを心で叫ぶ。全身で君が好きだよ。君の心に届く魔法がここにあればいいのに。

18.すぐ隣には君の肩、少し見上げて君の唇。これ以上顔を上げるのにはもう少しだけ勇気がいるんだ。

19.恋の道しるべは定まらない方向を示したまま私を導く。気づかれたいのか気づかれたくないのか。矛盾する想いが交差する。

20.その手も、髪も、腕も。最初に触れるのは私であってほしい。儚い願いだとわかっていても祈らずにはいられない。

21.君が振り向いてくれるならなんだってするよ。いつでも全力の私は君の視線だけを気にして動いている。少しでいいからこっちを見てくれないかな。

22.耳が覚えてしまった。少し軽快でペタペタ鳴らす君の音。大きくなるたびにドキドキして、私の鼓動と重なるその足音。

23.季節の祭りに出かけるその日は、君と会える偶然を願う日。こんなにたくさんの人ごみの中、出会えるはずもないのに君を探がさずにはいられない。期待が胸を支配して、いつもより少しのお洒落。

24.「おはよう」の一言すら言えなくて、挨拶ってこんなにも難しかったかなと自分に問う。朝の勇気はなかなか出ずに毎日がいつも通り過ぎていく。

25.本気の「好き」だなんてなかなか言えないよ。受け止められない怖さを知ってるから。友達にだったらいくらでも言える。受け止めてくれる安心を知ってるから。

26.自分が朽ち果ててでも、君にぶつかる勇気がある?無防備な心は守らないとすぐに壊れてしまうけれど、先に進むためには必要な覚悟なんだ。

27.ズルイ私はどこかで安全な場所がないか探している。何もしなくて手に入るものならこんなに苦しくはなっていない。

28.突然訪れたトキメキに私が一番驚いている。ダメだ、ダメだと言い聞かせても、鼓動は早くなっていくばかり。

29.夢でも会ってしまって、歯止めが利かない想いは加速する。誰にも言えなくて、この時ほど私から記憶を奪ってほしいと願ったことはない。

30.君という広い海に溺れているんだ。ここを泳ぎ切れば新しい何かに巡り会える?心が死んでしまう前に必死で今をもがくしかない。

31.何が嬉しいってね、話せたことより、一緒に遊べたことより、君が気にかけてくれたことが何より嬉しく思ってるんだ。

32.「またね」って悲しい言葉と思っていたけれど、今だけはその言葉にすがりたいくらい嬉しい言葉だって思ったよ。

33.思わず君の心の中を覗いてみたくなる。たくさんの大切な人がいる中で私は何番目に存在しているんだろう?君の中のランキングを知ることができればもっと頑張ろうって思えるのに。でも知るのも怖くて見ないふり。

34.毎日同じなんてあり得ない。たまには体調も崩す。たまには後ろを向いてしまう時だってある。君の一歩を踏み出せる心の内が私であってほしい。

35.感情は移り変わりやすく、真実さえも歪めてしまう不確かなもの。流されやすい感情なら君を忘れるなんて簡単なはずなのにな。

36.叶わなくてもいいなんて本気で思える恋を初めて知った。ただ思っているだけで……それだけで幸せなんだ。

37.恋をするってことは、どんな高級なメイク道具なんかより女性を輝かせる一つの魔法なんだ。私を綺麗にしてくれたのはそう、君なんだよ。

38.メガネをコンタクト。黒髪を少し明るく、瞳をもっと大きく。君の好みをもっと教えて?少しでも近づく努力をしてみるから。

39.恋をしたくてもできない時が多いんだ。心を誰かに支配されるということは難しくて簡単なことじゃない。その感情は宝物のように大切にしなきゃすぐに壊れてしまうものだから。大切に大切に包みこんでいこう。

40.可愛くない私を可愛いなんて思ってくれたのはそれは彼のおかげ。心が育って、笑顔も増える。明るくなってキラキラしていく私のそばで見守ってほしいんだ。

41.モノクロだった世界が輝き始める。君と出会って、君を好きになれて、乾いた心は一気に潤いを取り戻す。

42.嫌いだった場所も大好きになった。君に一秒でも会えると想像するだけで胸が踊るんだ。ただ視界に入るだけでもいいから。それだけで幸せを感じれる。

43.人に優しくしてみよう。もしかしたら君に繋がっているかもしれない。細い糸を辿って届いていくかもしれない。君の友達を大切にできる人間になれるかな。

44.君と同じ空間にいるだけで居心地のいい世界に早変わり。止まらない会話に時は倍速。ずっとこの時が続けばいいのにと願わずにはいられない。

45.君が私に色を与えてくれた。毎日違う色で飾られていく私。今日のコーディネイトはどうしようか。そう考えるのにさえワクワクが止まらない。

46.昨日の君に会いたいな。何気なく交わしてくれた挨拶でさえ、特別な言葉になる。昨日に戻れたらまた聞けるのに。

47.恋をすると一番素直な感情が出るんだ。一生懸命で混じり気のない純粋な心。素敵な笑顔が輝きを放って、春を必死に追いかける。

48.コントロールがきかない想い。隠しても隠せない想いに怖さを感じることのほうが多いけれど、それでもみんな勇気を振り絞ってる。

49.ただ好きなだけでいい。こんなにも人を好きになれた自分が嬉しくて仕方ないんだ。まだ大丈夫。私は人を大切に思う気持ちを持っているから。

50.君の幸せを願えるほど大人じゃないけれど、君の悲しい顔だけは見たくない。その気持ちだけは本物だよ。

51.大好きという気持ちをぶつけれる君にありがとう。少しだけ照れて受け入れてくれる君がまた愛おしくなる。

52.優しくされるたびに期待が胸を躍らせる。違うとわかってはいても止まらないこの想い。ボロボロになってもいいからあなたという壁にぶつからせてほしい。

53.好きになってゴメンね。もしかしたら困らせるかもしれない。もしかしたら苦しめるかもしれない。でも伝えたい。感謝したい。優しすぎるあなたに心からのプレゼントを。

54.友達だった君が、少し弱っている私を支えてくれて嬉しかった。君がいなきゃ今を乗り越えてられないってそう思う。日に日に大きくなる君の存在。優しさや愛をくれた分、私も君に何かしたい。

55.恋をするって奇跡の確率。両想いになれる可能性なんて限りなくゼロに近い。すごいことなんだよ。だから気づいてほしい。隣にいる人の尊さを。

56.気がつくといつも同じ時間に君に会っていた。とても可愛くてシャイなあなたのことがもっと知りたくて少しずつ少しずつ話しかけてみるよ。

57.もっと知りたい想いは大切に。立ち止まっちゃ後悔する。今までそうだったんだから。やっと現れたんだよ。これはきっと恋の予感。

58.近づけば近づくほど、私たちは正反対だと知るんだけれど、だから惹かれてしまうんだ。お互い欠けている部分を補って、素敵なところを伸ばしていける関係を築きたい。

59.理想とは違う君であっても、この出会いを心から大切にしたい。たくさんのことを教えてくれたから。勇気をくれた君にたくさんの感謝を。

60.本当の気持ちを教えてくれる?私の想像が膨らむばかりで気持ちが押しつぶされていく。素直になっていいのかな?動けなくて苦しいよ。少しでもうまくいく兆しが見えるのなら、迷いなんて捨てれるのに。

61.気になるアイツは何を考えてる?気になるアイツはすごく腹立つ。気になるアイツは素直にならない。気になるアイツ…よくわからないけど好きだよ。

62.恋すると誰もが不器用になって、恋をすると誰もが臆病になって、恋をすると誰もが苦しくなる。でもね、それ以上に楽しくて幸せな時間が待ってる素敵な感情なんだよ。

63.出会った時から君だけが私の目に映っていた。少しでも君の目に映りたくて必死だったよ。だからかな。自分の気持ちに必死で君の気持ちに気づかないでいた。ごめんね。君の精一杯のサインを見逃さずにこれから進んでいく。

64.君と惹かれ合う奇跡を信じて。会いたいと思う心を信じて。願いは現実になる時を信じて。今度こそ素直になる。

65.突然君は私の前に現れて、うなだれていた日々が明るくなった。ずっと君に会いたかった。やっと出会えたね。これから忙しくなるよ。君だけを追いかける日々が始まるから。

66.いつでも恋をするとこれが最後の恋にしたいと願うんだ。いつだって本気だよ。ずっと離したくないって思ってしまう。君じゃなきゃイヤだなんて子どもみたいなことを思っている。最後になれる恋をいつまでも探してる。

67.あなたの求めているもの全部あげるよ?私を見つめてくれたら何にでもなれる気がする。あなたに寄り添っている私をいつか見たい。

68.あなたを笑わすにはどうしたらいいんだろう?つまらない私はその方法さえよくわからないでいる。私があなたを笑顔にしたいのに。

69.少し叱ってくれてるあなたが大好きで。そばにいたいな。手をつなぎたいな。頭の中の望みは数知れず。好きすぎて勝手に動く制御できないこの体。

70.髪が少しだけ触れた。君は気づいてないのかもしれないけれど、私は髪の先まで君を感じれる。もう少しだけ髪を伸ばしてみよう。

71.仰向けに寝転んだ私に優しく手を差し伸べてくれた。君は初恋の匂い。いつもこの場所だったね。その手を掴む為にまだ私はここにいる。

72.会いたいよ。たとえその心が私のものじゃなくても。つなぎたいよ。たとえその手が私のものじゃなくても。眩しい光はいつも君を照らしていた。

73.気づかなかった。気心知れた仲間の中に君がいたこと。全てをわかり合える存在の君は私に一番安らぎを与えてくれてた。望んでいた人はすぐ隣にいた。

74.孤独な戦いをしている君をずっと見つめていた。男の世界に女は入れない。わかっているからいつも見守るしかできない。私にしかできない何かがあるならば、いつだって飛んで行く覚悟はできているから安心して。

75.なんだか気づくと君のことばかり。会えない切なさが募ってなんだかいつも泣きたい気分。どんだけ会っても寂しくて、どれだけ喋っても満たされない。厄介な感情だな。

76.気になっている。ホントはこんなにも。何も喉を通らなくなっているのに私は気づかないふり。必死で否定しても正直な心。なんだかとても好きみたい。

77.君の連絡先を知ってしまうと、嬉しい反面いつも以上に優柔不断になる。繋がりたいのに躊躇する心。携帯にさえすがりたくなる弱さを知ってしまう。

78.私は君の何も知らない。一部しか知らないのになんで好きなんて思ってしまうんだろう。突然襲ってくる感情に戸惑いを隠せないけど、ただ気になる。それだけなんだ。

79.口にした言葉が全部本当だと思わないで。強がっているんだよ。気を引いているんだよ。君の気持ちを試したくて嘘つきが顔を出す。

80.君を真面になんて見ることが出来ないから、影だけを追ってみる。目を閉じて耳を澄まして、君の声を探す練習。聞き分けようとしなくてもできてしまうんだ。

81.君とすれ違うたび、何度伝えようと思ったことか。偶然のチャンスをいつも逃すばかりの私。振り絞った勇気は声まで届かない。

82.嫌いだって心に言い聞かせているのにどうして気になるんだろう?いいところなんか見つからないのに。違う。勝手にいいところを見つけてしまうんだ。

83.同じ人を好きになったその時は遠慮するのか伝え合うのか…。君と仲良くなっていく様子を笑顔で見つめる覚悟なんてないから私は想いをぶつけるよ。

84.何度も諦めようとした。でも無理なんだ。悲しくて涙がこぼれるばかりで……。君を忘れてしまうなんて苦しくても嫌だって思う。

85.君が通る道に少しの待ち伏せ。時間を忘れて君だけを待つ毎日。話しかけたりはできないけれど、いつか振り返ってくれる日を夢みて今日もここに立っている。

86.もう君は別の人のモノなのにどうして走り出してしまったんだろう。夢で終わらせたかった。この恋は私の中だけに留めておくから、記憶からいなくなるまで好きでいさせて。

87.手が届かないあなただから好きになったわけじゃなくて、一時の感情でもなく、本気で想ってる。憧れと錯覚してるわけでもない。まだまだ子どもだけどそれだけはわかってほしい。

88.兄妹じゃなくて、一人の女性として私を見てほしい。もうお兄ちゃんはいらない年だよ。次はあなたの彼女というポジションに変えてほしい。

89.ドキドキする。肩や足が触れるたび、トキメキ速度は上がっていく。近くに見えている手をギュッと握れる権利があったらどんなに幸せだろう。今はまだ遠くて手を伸ばせない。

90.恋と愛は違う。私はまだ愛という感情を知らないけれど、恋をして学べるのなら、私はたくさん恋をしてたった一人だけを愛する力を手に入れたい。

91.離れていても気持ちは変わらないなんて綺麗ごとだと思っていたけれど、いつも空を見上げてしまっている。心にはずっと君がいる。変わらない気持ちのまま動けずにいるよ。

92.片思いってね、一番胸が高鳴る時なんだ。ちょっとしたことで喜んだり、泣いたり、怒ったり、自分を誤摩化さず正直でいれる時間。恋を最高に楽しめる貴重なこの時間を大切にしよう。

93.何度告白しただろう。振られる度にくじける自分とまた頑張ろうと思える自分がここにいる。諦められないなら想いを伝えるしかない。何度だって言うよ?「君が好き」

94.一目惚れってほんとにあるんだ。名前も知らない君のこと、一瞬で気になってしまった。もっと知りたい。君の名前は?何をしてるの?好きな人はいる?無限に疑問が湧き出てくる。今日から君が私の一番に。

95.学校での行事は全部君に近づくための計画を立てている。一緒にイベントを共有できるなんてどれだけ幸せなことなんだろう。どこで告白しようかな?君のイエスを聞ける場所を必死でいつも探している。

96.全てが嫌になってもたった一人、好きな人がいるだけで心は救われる。一番私の綺麗な場所にいてくれるから。気づいてないかもしれないけれど、君は私をいつも救ってくれている。それだけは確かだから。

97.誰にでも優しいあなたに私はいつも勘違い。誰にでも優しいあなたが大好きだけど、誰にでも優しいあなたが嫌いなときもある。あなたの特別な優しさを手探りで探しながら切なさを噛み締める。

98.可愛くなりたいと願うのは誰のため?努力するのは誰のため?私一人じゃこんな風に思わなかった。君の影響が大きすぎていつだって私を左右する。

99.いつも入れない会話をただ聞いているだけだった。少しの情報に聞き耳を立てる。私も参加していい?数えきれないくらいの質問があるんだ。その答えを全部知りたくて。

100.苦しいけど頑張れる。いなくなるほうがもっと苦しいから。あなたを見るたびに私の想いは高まるばかりで抑えることなんて絶対にできない。


The following two tabs change content below.
MIGORO編集部

MIGORO編集部

片思いの恋を始めた女性のためのジュエリーブランド