【詩 No.32】眠りのまじない

眠る寸前まで思い出してる

今日の君と いくつかの言葉

恋の始まりは突然だった

私のハートをめがけて飛んできた

君の矢は眩し過ぎて

目をそらさないように見つめる度

切なくて痛くて

今すぐ伝えたくなって

だけど何も云えないまま。

こんなに好きなのに

すれ違ってばかり

繰り返す度に想いが募ってく

いつも忘れられなくて

自分すら見失いそうになって

それでも、君と出逢った日から

毎日がわくわくするんだ

何も分からない未来だから

何が起こるかなんて予測出来ないけど

私が飛ばす矢も

君のハートに突きささるかな?

その胸に聞いてみたい

いつも通りに過ごす時間も

魔法にかけられたように君でいっぱい

溢れるため息さえ重ねて

眠りにつく夢の中でつぶやく

おやすみ、ありがとう。

きっと明日も、君を想うよ。

[ad_image]