MIGORO

老け顔から脱却!やってはいけないメイクとその改善方法とは?


老け顔から脱却!やってはいけないメイクとその改善方法

メイクをするからには可愛く・美しく見られたいもの。決して「老けて見えるメイクがしたーい!」なんて思っている人はいませんよね。

しかし、NGメイクをしていると、可愛く美しくどころか「あれ? なんだか老けてる?」と見られる原因となってしまうのです!

今回はやってはいけないNG老け顔メイクと、その改善方法についてご紹介していきます。最後にはメイクをする上での注意したいこともまとめてあります。

やってはいけないNG老け顔メイクとその改善方法

NG1、ツヤ無しマット肌

顔の中で大部分を占める肌。そのためベースメイクのタイプによって、与える印象は大きく異なるのです。

肌のムラやシミやニキビ跡を隠しやすいのは、さらっとした質感のマット肌。

カバー力のあるファンデーションはマット肌に仕上がるものが多いです。

しかし、隙のないマット肌は時に人工的な印象となり、シワなどある場合は悪目立ちしてしまうことも。

また、あらを隠しているようでいて、老けて見えることがあるのです。

そこで目指したいのは、みずみずしく自然なツヤ肌。

ツヤ肌用のファンデーションに切り替えたり、普段使っているファンデーションに化粧用のオイルを数滴プラスすることで、ツヤ肌にしてみましょう。

NG2、細くて長い眉毛

眉毛も顔や表情の印象に大きく影響するパーツです。

マンガのキャラクターのイラストなどで、表情の変化に関係しているのも眉毛。

眉毛が細く、眉尻が長いと「大人っぽい」印象に。ただしこれもやりすぎると、老けていると見られてしまいます。

しかも最近は太めの眉毛が流行のため、「なんか古臭い……」と思われてしまうことも。

そこで老け顔脱却のためには「太くて、短めの眉毛」を意識して描いてみましょう。

アイブロウペンシルで描くのではなく、パウダーを使うことでふんわりとした優しい印象になります。

NG3、濃すぎるアイメイク

目もとは乾燥や間違ったメイクオフ方法によって小じわなどが出てきやすく、年齢を重ねるにつれても印象の変わりやすいパーツです。

しかし、自分の変化を受け入れないまま、以前と同じメイクをしているとなんだか汚い印象になったり、しわが目立ってしまったり……ということが起こります。その結果、悲しいかな「厚化粧のオバサン!」というイメージに。

アイメイクで老け顔に見られないためには、なるべくナチュラルを心がけましょう。

上下にがっつり塗っていたアイシャドウやマスカラ、濃いめのつけまつげを卒業し、より自然なエクステに切り替えるのもおすすめです。

NG4、マットな唇

昨今は濃いめのリップメイクが流行っていますが、こちらもお肌と同じでマットなものはNG。

唇のしわが目立ったり、乾燥しているように見えたりして老け顔のイメージをもたらします。

こちらもベースメイクと同様にみずみずしさを与えるようにしましょう。

普段から保湿のケアを行い、リップメイクの仕上げとしてグロスを使いましょう。

男性が女性の年齢を見るときは、唇からの印象が大きいとも言われます。ガサガサの唇の人は皮膚科で相談するなどしてプルプル唇を目指しましょう。

老け顔メイクをしないために注意したいこと

老け顔メイクをしないためには、メイク方法を変える以外にも気をつけたいポイントがあります。

1、大きな鏡を使う

メイクをする際にコンパクトに付属している鏡など、小さなものを使う人がいます。

ちょっとした化粧直し程度であれば問題ないのですが、1からメイクする際には「全体で見てバランスがどうか」を見るのがとても大切。

よって、朝のメイクアップでは顔全体の映る、大きな鏡を使うようにしてください。

2、暗すぎるところ・明るすぎるところでメイクはせず、自然光の下でメイクをする

メイクアップの際には、光の加減もとても大切です。

暗すぎる部屋でメイクをすると、不自然な厚塗りの原因になります。

また、蛍光灯の下などの明るすぎる部屋でのメイクも、「蛍光灯の下では良かったけど、自然光の下ではなんだか変だった」ということがあります。

自然光の入る部屋でメイクアップしましょう。

3、自分の変化を受け入れ、その時々にあったメイクを研究して変えていく

年を重ねるごとに肌や体全体に変化が訪れるのは当たり前のことです。

そのため、その年齢にあったメイクを研究することはとても重要です。

「もうアラサ―なのに、一番モテてた高校時代と同じメイク!」

ということをやってしまうと、年齢に見合わない違和感が出てきて「変に若作りの人だなぁ」なんて思われてしまうかも!

年齢を重ねることは、あなたの魅力がなくなるのではなく、あなたの新たな魅力が開花していくことでもあります。変化に応じてメイクを変えていく柔軟さを持つようにしましょう。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。