MIGORO

ジュエリーを身につけて、あなたの自信につなげよう!


ジュエリーを身につけて自信につなげよう

キラキラと光るジュエリーは、いつの時代も人間の心をとらえてきました。

ジュエリーは単に装身具ではなく、私たちの心にいい影響を与える存在です。

もしも、お気に入りのジュエリーを身につけることによって、あなた自身の価値もアップするとしたら?

今回はジュエリーがあなたを魅力的にする理由についてです。

ジュエリーが人の心を引き付ける理由3つ

ジュエリーが昔からもてはやされてきた理由は、大きく言って以下の3つです。

1、単純に美しい石だから。

2、身に付けることによって、自分の富を知らしめることができる(=価値を上げることができる)から。

3、身に付けることによって、いい気分になるから。お守り的存在。

古来、たくさんの美しくて希少性のあるジュエリーを持っていることは富の象徴でした。

ジュエリーを身につけることで羨望の眼差しを浴びることは、古代の上流階級の人々にとっては快感であったでしょう。

また普段の生活で、このような美しい物が常に目に入れば、気分も良くなり、まるでその石が自分に勇気や幸運などのいい効果を引き寄せているように感じます。

そして現在よく言われる「パワーストーン」という考え方が生まれたのでしょう。

パワーストーンは美しい各宝石・ジュエリーのイメージと同時に、カラーのイメージも反映しているようです。

たとえば、ピンクのローズクォーツは恋愛運を上げる、真っ赤なルビーは血を連想させることから「情熱」を引き出すなどと言われています。

自分に自信のない女性こそ、ジュエリーを身に付けるべき!

現在ではジュエリーは、必ずしも上流階級の人のためだけにあるわけではないのです。

技術の発展によって多くの宝石が、合理的に、かつ絶え間なく採掘されるようになっています。

加えて、人工宝石と呼ばれる科学的に作られた宝石が数多く出回り始めておりジュエリーは、以前よりもずっと身近になりました。

そのため、若い女性でも少し手を伸ばせば、お気に入りのジュエリーを手に入れることができるんですね。

「でも、若い自分にはジュエリーなんてまだふさわしくない気がする。身分不相応かも」

そういう風に考える人もいるでしょう。

でも少し考えてみてほしいんです。

あなたはきっと、あなた自身がまだ未熟だから、ジュエリーなんて似合わないと考えてしまったんでしょう。それ自体はとても謙虚で健気な姿勢だと思います。

しかし、逆に考えると、未熟だからこそ、「ジュエリーを身につけることで、あなた自身の価値を上げる」こともできるんです。

実は人間とは、「形から入る・行動する」といったことがとても有効な生き物。

それは、身体の進化よりも脳の進化の方が遅かったために、まずは行動することによって、脳がその気になるからです。

簡単に言うと、あなたがみすぼらしい格好をすれば、「私はみすぼらしい格好がお似合いの人間だ」と脳は考えます。

逆に、あなたが素敵な格好をすれば「私は素敵な格好がお似合いの人間だ」と考えるようになり、自然と行動も変わっていくのです。

素敵な格好の人のほうが、魅力的なのは言わずもがなですよね。

しかし、いっぺんにすべてのことを変えるのは難しい。

そこでおすすめなのが、まずは素敵なジュエリーを手に入れること。

あなたの意識が変わるきっかけになるんです。

自分に自信のない人にこそ、ジュエリーを身に付けるべきなんです。

自分で稼いだお金でジュエリーで買うことのススメ

ジュエリーを身に付ければ気分が良くなり、あなたの行動や意識が変わっていきます。脳が、そのジュエリーにふさわしい人間になるように働くからです。

この時、ジュエリー自体のお値段はあまり関係ありません。

あなたがとてもいいと思ったジュエリーであれば、あなたを魅力的にさせる手助けをしてくれるはず。

しかし、購入にあたってのおすすめは「少し背伸びして買ったジュエリー」です。

あなたが社会人で、かなりのお給料をもらっているということであれば、高級なジュエリーを買ってもいいと思います。

もしあなたがまだ学生でアルバイトをしている身なら、リーズナブルな人工宝石の中からお気に入りを見つけるのもいいでしょう。

ここで重要なのはお値段ではなく

自分がどれくらいそのジュエリーを買うために努力したか。

ということなのです。

あなたが稼いだお金で買ったジュエリーは、あなたの努力の証明です。

さらに、身に付けることであなたの女っぷりが上がれば、そのジュエリーは二重であなたに自信を与えてくれるものとなるのです。

もちろん、誰かさんからのプレゼントでジュエリーをいただいたら、ありがたく頂戴しておくべきです。

それは相手からあなたが「このジュエリーを身につけるにふさわしい女性だ」と認められたということだから。もしもお断りをすれば、相手の好意を無下にした上に、あなたの魅力をも否定したことになってしまうのです。

最後に

私たちのお気に入りのジュエリーは単なるファッションという枠を超え、私たちの心に自信をもたらしてくれる存在です。

ジュエリーを身に付けることで、意識が、行動が変わる。

なんだか自信のないあなた、お気に入りのジュエリーをぜひ持ってみて。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。