MIGORO

お金にルーズな人を好きになってはいけない理由4つ


お金にルーズな人を好きになってはいけない理由

「好きな人ができた!……けど彼、もしかしてお金にルーズ?」

そんな兆候があったら要注意! お金にルーズな人は、トラブルを引き寄せがちなため、好きになる相手・付き合う相手としては良くない存在なんです。

今回はお金にルーズな人を好きになってはいけない理由を4つご紹介します。

最後には「それでもお金にルーズなあの彼が好き!」という方のために、するべきことについても書いています。

お金にルーズな人を好きになってはいけない理由

理由1、基本的に変わらないから

まず絶対に覚えておきたいことは

「お金にルーズな人は基本的に一生変わらない」

ということです。

もちろん、何かのきっかけで「このままじゃいけない!」と一念発起して変わり、「以前は浪費家だったのに、今じゃすっかり倹約家」などという人もいることでしょう。

でも、それはとても少数派です!

自分自身で「変わろう!」と思って変われればいいのですが、周囲が「お願いだから、もっとお金に対して真面目になってくれ!」などと説教したところで、その人が何も思わなければ変わってくれないのです。

あなたの好きな人がお金にルーズだとすれば、あなたと付き合った後もきっとずっと、お金にルーズなままなのです。

「いつか変わってくれるはず!」

という淡い期待は毎回裏切られるでしょう。

理由2、あなたとは文化が違うから(彼の親やきょうだいもお金にルーズかも?)

実は「お金にルーズ」というのは一つの文化です。

その人が今までずっと「お金にルーズ」という姿勢を貫き通せたのは、その人の育ってきた環境がそのようなものだったからに他なりません。

「お金にルーズでもなんとかやっていける」

「お金にルーズでも誰かが尻拭いしてくれる」

「むしろお金にルーズくらいが人間らしくていいじゃない」

このような環境にいると、「お金にルーズでいてもいいんだ」という文化が作られていきます。

そのため、実はお金にルーズな人の周辺というのは、同じようにお金にルーズな人たちが多いものなのです。

特に注意すべきは、その人の親・きょうだいなどです。

あなたがお金に綺麗な人生を送ってきたのならなおさら、その人&その人周辺の文化に触れ、悪い意味での「驚き!」を体験することになるでしょう。

よく国際結婚をした人が

「相手と文化が違って驚いた!」

などと話していますが、お金に関する価値観もこれと同じように思っていたほうが良いですよ。

理由3、結婚したらお金のトラブルがあなたの身に降り掛かってくるから

あなたとそのお金にルーズな彼が付き合うことになり、もしも上手くいって結婚することになったとします。

しかしその時からがあなたの不幸のはじまりです。

まず結婚するにはお金が多くかかりますよね。今は挙式をしないカップルが増えていますから、以前よりは負担は減っています。

が、それでも両家の顔合わせ食事会や新居への引っ越しや家電製品の購入などで大きなお金が動くイベントであることは間違いありません。

そのような中でお金にルーズな相手だと、あなたがお金に関することを全て責任を持ってやらなくてはいけなくなります。

お金にルーズな彼に任せておくと、

「これにこんなにお金がかかるなんて、知らなかった!」

「この払い込みをするの、忘れてた!」

なんてトラブルが起きるから、必然的にあなたがやらざるを得ないのです。

そしてクタクタになって結婚生活がスタートします。が、その後もやっぱり彼は変わらないので、お金にルーズなことによるトラブルが新たに起こり、あなたが処理をし続けるはめになりますよ。

理由4、ギャンブル依存症や、スマホゲームの課金中毒の場合があるから

お金をどんどん使ってしまう浪費家の中には、ギャンブル依存症の人も多いのです。

スマホゲームでの課金中毒も同じ。

いずれの場合も「お金をゲームをするための・強くなるためのチケット」と見なして、軽い扱いをしてどんどん使ってしまうという特徴があります。

依存症を回復させるのはとても大変で、もしも彼と付き合えばあなたは彼の依存症を治すためにかなり気を遣わなくてはならなくなります。おそらく彼はギャンブルやスマホゲームの方を、あなたよりも優先するでしょう。

しかし彼だってもう大人。別に結婚もしていないあなたが、わざわざ手を煩わせる必要はないのです。

それにこの世にはそもそも依存症になんか陥らない、心の健康な男性が山ほどいるのですから、その中から好きな人、付き合う人を決めたほうが話は早いですよ。

それでもお金にルーズなその彼が好きなら、少ない可能性に賭けて彼を変えるための働きかけを

ここまで言っても

「それでも彼のことが好きだから……」

などと、想いを振り切れない女性もいることでしょう。

それならば、「彼が変わるかもしれないわずかな可能性」に賭けてみるしかありませんね。

もしも彼が変わってくれるとしたら、あなたのことが相当好きで、彼自身が以下のように決心することが絶対に必要です。

「この女性を手に入れるためには、どうやら今のお金にルーズな自分ではダメなようだ! それなら変わって、彼女に認めてもらうしかない!」

ここまで彼の気持ちを固まらせれば、彼が変わってくれる可能性は高くなります。

《お金にルーズな彼を変えるための働きかけ》
1、あなたが外見・内面ともに魅力的になり、彼を引きつけ、彼にとって「高嶺の花」的な存在となる。

2、彼が自分自身がお金にルーズな自覚があるかどうかを確かめ、もしもあるなら「改善したいのか、それともそのままで良いと思っているのか」を尋ねる。さらに「私はお金にルーズな男性とは付き合えない」とはっきり伝える。

3、目標の貯金額と期限を設定し、彼が達成できるか見守る。

4、彼の貯金が目標額に達した時点で彼を褒め、彼と付き合って「あげる」。

要するに、「お金を貯めることで好きな女性と付き合えた!」という成功体験を作ってあげて、「お金を貯めるっていいことだなぁ」と思ってもらうんです。

お金にルーズな人が一定の貯金を積み重ねるのは大変なことなので、

「大変な試練を乗り越え、ようやくこの女性と付き合えたぞ!」

と思わせる意味でも有効です(男性は手間やお金を掛けて手に入れた女性を、大切にする傾向があるからです)。

ただし2の時点であなたが「お金にルーズな男性とは付き合えない」と告げているにも関わらず、

「俺は別に自分はこのままでいいと思ってるよ」

「今の俺のありのままを、受け入れてくれる女性と付き合いたい」

などという言葉が返ってきた場合には、その彼は絶対にお金にルーズなまま変わらないので、そこで本当に区切りをつけて引き返してください。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。