MIGORO

長く付き合った恋人と別れて、不安でしょうがない女性へ


長く付き合って別れた

3年、5年、はたまた10年以上……長年付き合った恋人と別れてしまうということもあるでしょう。

長い交際期間の後は「今まであったものがなくなった」という喪失感で、とても疲れてしまうもの。

「私の時間を返してよ!」などと元恋人に言いたくなる気持ちもあるかもしれません。

「次の恋ができるのかな?」と不安になることもあるでしょう。

あるいは「長く付き合ったせいで年取ってしまった……」なんて悩む人も。

しかし、あなたと元恋人の過ごした時間は、決して無駄なものではありません。

今回は長く付き合って別れてしまい、不安な心のある女性に贈る記事です。

「長く付き合った私の時間を返して!」という思いは飲み込む

長年付き合って別れた後に一番に思いやすいこと、それは

「こんなに長く付き合った私の時間を返してよ!」

というものではないでしょうか。

「長く付き合ったのだから、当然その先には結婚や、結婚では無いにしろ彼の愛情の証明があって当然のはず! でも、私はそれらの何も受け取れなかった……私の時間を返して!」

という感じですね。

しかし冷たいように聞こえるかもしれませんが、「長く付き合ったんだから、何かしらの責任は取らなくてはいけない」という決まりはありません。

だって恋愛は自由市場だから。婚約や結婚をしていない限り、何にも縛られることはないのです。長く付き合った恋人と別れることにも何も問題はない。

それがたとえ残酷に見えるくらいにあっさりと、であってもです。

そもそも、あなたのほうで彼を見限ってさっさと別れることもできたのに、あなたはそれをせずにダラダラと長く付き合ってしまいました。だから長く付き合って時間が経ってしまったことはあなた側にも責任はあるのですね。

だから「時間を返して!」という思いは、苦しいでしょうけど飲み込んでください。

はじめからかなり冷たいことを言い、傷に塩を塗るかのようでごめんなさい。

しかし、あなたが長年一人の男性と付き合ってきたことにも「意味はあるんです!」

長年の交際経験は、次の恋での相手とより良い関係づくりに絶対活かせる!

あなたは長い交際期間で、たった一人の男性と向き合い、真剣にいろいろなことを考えてきたんですよね。

その時間はとても尊いものなのです。

あなたが今後もしも結婚するくらいに相性ピッタリの人や、結婚はしなくてもずっと一緒にいたいという気持ちの持てる相手と出会った時、「長く付き合った」という経験は役に立ちます。

きっと今回のお付き合いや別れを通して、たとえば以下のような「気づき」があったのでは?

  • たとえ長く付き合った相手であっても、自分の思い通りにはならない。

  • ダラダラと長く付き合う事が必ずしも「うまくいっている」ということではない。

  • マンネリな関係で彼にときめくもなくなり、自分もおしゃれなどする気が起きなくなっていた。

などなど。

これらの気づきを通して、次の相手とはもっと上手に恋愛ができるようになるんです!

人間は長く同じ相手といると、好きかそうでないかはさておき、相手に慣れます。

慣れてくると一緒にいることが当たり前の家族のような存在になり、遠慮もなくなっていきます。しかし、相手に慣れ、遠慮が無くなっても思いやりの持てる関係であれば居心地の良いものなのです。

あなたと相手は長年の交際の末に別れてしまいました。

が、それは言い換えると「長年付き合っても、未来までずっと一緒にいたい居心地の良い関係にはなれなかった」ということでしょう?

あなたは今回うまくいかなかったことから学んで、次の恋では比較的短い時間で相手と居心地のよい関係を築けるようになるんです。

だから、「長年付き合った時間が無駄だった」「私の時間を返してほしい」なんて思わなくていいのです。

あなたがアラサー以上でも『時間を返してほしい!』はNG!焦りや恨みを手放して

「でも私はもう30代なんだから、『時間を返してほしい!』と思うのは当然でしょう!? 別れた時点でもっと若ければ良かった!」

なんて思った人もいるかもしれません。

でも、たとえあなたが長年付き合って別れた時点でアラサーであっても、アラフォーであっても、それ以上であってもやはり、「私の時間を返してほしい」と言うこと・思うことはNGです。

年齢にとらわれすぎると、焦りが生まれてしまって良くありません。

人間の若さに価値があることは確かです。

が、人生経験も少なく、見る目も養われていない若い人が、恋愛でトントン拍子にうまくいくことも実は稀です。

「あの時間は私が何かを学ぶために、必要な時間だった。若くて未熟な私が、今回のことを乗り越えて成長したんだ。成長する準備をしているんだ」

そう考えた方が前向きですし、元彼も恨まずに済みます。

心に焦りや恨みを抱えている女性というのは、自分で思うよりも周囲にマイナスオーラを放っているので、近寄りがたくなってしまいます。

それではあなたは人生を楽しめません。

あなたの今の年齢がどうであれ、あなたは魅力的な女性です。

焦りや恨みは女性の魅力を半減させますから、その心を手放してください!

長く付き合った彼氏と別れた後に出てくるお悩みの解決策

長く付き合った彼氏と別れた後は、以下の2つの悩みが出てくることが多いもの。

ぜひ解決策を知っておきましょう。

1、「次の恋愛ができるか、新たに恋人ができるか不安になってしまう」の解決策

長く付き合った人と別れた女性の中には、恋愛をどう始めたらいいのか忘れてしまっている人がいます。おまけに、自分に自信もなくなっていることが多いのです。

「長く付き合った彼氏に未練はないけど、次の恋なんてできそうもない……」

「年齢も重ねてしまったし、好きな人ができたとしても若いライバルには勝てないのでは……」

なんて不安に思ってしまうのですね。

ですが、心配は無用です。

一人の男性と長く付き合えることのできる女性は辛抱強いという良いところがありますし、先ほども述べたように、今回の別れを通じて学んだことも多くあるはず。

だから自己評価はどうあれ、あなたはさらに魅力的な人間になったことに間違いはないのです。

不安な気持ちはわかりますが、不安感を前面に出してしまうとあなたのせっかくの魅力が隠れてしまい、男性に伝わりづらくなります。

これはとてももったいないこと!

もしもあなたが次の恋愛ができるか不安でも、「次の恋は必ず来る」という風に信じてください。そのようにポジティブでいると、新たな出会いを引き寄せます。

「引き寄せる」などというとスピリチュアルなもののように聞こえますが、これは「明るい人の方がより多くの人の目を引くし、一緒にいて楽しそうだから男性からも好感を得やすい」というごく当たり前のことなのですよ。

2、「長年付き合っていた元彼と連絡を取ってしまう・復縁をしたくなる」の解決策

たとえ別れてしまっても、長く付き合った相手に対しての「情」は残る場合が多いですよね。この情から、ついつい元彼と連絡を取ってしまったり、復縁をしたいと思ってしまったり、ということが起きやすくなります。

もちろん「長年付き合った彼氏と別れ、またヨリを戻して付き合って今度こそうまくいった!」というカップルも世間にはいます。

しかし、それは男性側の「この女性を失いたくない!」という熱心な働きかけがあってのこと。

たとえば、長年付き合って別れた理由が「あなたのいいかげんな性格に嫌気がさした」という女性側の訴えだったとしましょう。

男性側がもしも「この女性を絶対に離したくない!」と考えたとしたら、実際にその性格を直す努力をして、口先だけではなく行動で女性に見せることでしょう。

つまり、本気で復縁しようとする男性は、相手の女性が欲しがっていたことを積極的に与えようとするんです!

あなたが元彼と接している間、そういった情熱的で本気な姿勢が相手になく、あなたのほうでも

「ただなんとなく惰性で連絡を取り合っている」

「一人では寂しいからやっぱり復縁したい」

という思いしか持っていないのであれば、復縁しようがうまくいくわけありません。

もしもあなたが元彼のことを考えてしまうのであれば、ぜひ別のことをして元彼を心の外へと追いやりましょう!

他の男性とデートしたり、恋活アプリをしたりの恋愛関連のこともいいですが、自分の趣味を深めたり、新たな習い事を始めるなど恋愛以外のことにも目を向けてみてくださいね。

最後に――大切なのはポジティブに毎日を過ごすこと

いかがでしたか。

長年付き合って別れたあとは「私、これから先どうなってしまうの?」という不安感を持ってしまう人が多いと思います。

でも大丈夫、あなたは彼と別れたことによって、自分の手で未来を変えたのです。だからこの先のこともあなたの判断や行動によって、どんどん良くなるはずなんですよ。

長年付き合ったことで多くの学びを得たあなたは、以前よりももっと素敵になっています。

さらに、物事をポジティブに考えることができれば、あなたに惹かれる男性も多くなります。

だから、だまされたと思って毎日を楽しく過ごしてください。するとある日、新しい恋はすぐそこにあると気がつくでしょう。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。