MIGORO

片思いの相手に選ばれたいなら、「尽くす女」を卒業しよう!


片思いの相手に選ばれたいなら、「尽くす女」を卒業しよう

「好きな人を振り向かせたい」

「彼氏にもっと好かれたい」

そう思っている女性、多いですよね。

でも、もしも

「だから彼には、あれもやってこれもやって……精一杯尽くしてあげるの」

なんて考えているのならご用心!

実は、男性にとって「尽くす女」とは必ずしも魅力的な存在ではないのです。

今回は尽くす女が疎まれる理由から、尽くす女卒業後の正しい接し方まで教えます。

尽くす女性はたとえ美人でも男性から疎まれる!?

あなたの友達の中に、

「美人で性格もいいのに、ダメな男ばかりに引っかかってる」

なんて人はいませんか?

もしかして、あなた自身がそう言われたことがあったりして?

美人で性格もいい女性は、それゆえに男性に尽くしてしまいがちです。

たとえ、男性からのアプローチで始まった恋愛だとしても、付き合い始めるや一転、まるで彼氏の奴隷みたいに扱われる……なんてことも。

もちろん、そんな極端な場合は相手の男性が明らかに悪いのですが、かといって女性側にも非がないわけではないのです。

断言します! 尽くし過ぎは悪です。

尽くしすぎる女性は男性にとって重荷

彼のためにあれやこれやと家事をしたり、ミスをフォローしたり、セックスを頑張ってみたり。

こういった時、女性の頭の中には「彼のため!」という言葉が大きく表示されています。

しかし、こういった尽くす努力が自分に向けられると、男性側としては息苦しくなってきます。

これは、「ここまで尽くしてるんだから、あなたも私に何かお返ししてよ」とせっつかれているように感じるからです。たとえ女性側にそういった気持がなくても、です。

付き合う前でも、付き合った後でも基本的には同じです。

むしろ付き合う前だと、「自分の生活に介入してくるうざい女」と認識されて嫌われてしまうことでしょう。

好きな相手の母親代わりの女性にはなってはいけない

また、こういった尽くす女性に対し、「せっかくだから付き合って(付き合い続けて)利用してやる」という悪い心を起こす男性もいます。この時、女性は言い方は悪いですが、セックスもできる母親代わりといった扱いになります。

世の中の男性は普通、自分の母親に対して性欲を抱かないものなので、そのうちお母さん代わりという役割だけが残ります。

反抗期の若い男性が、母親に対して怒鳴り散らしてるシーン、よくドラマなどでもありますよね。実際に怒鳴ったり暴力を振るうかは別として、気持ちの上ではそれと同じようなことが、女性との間にも起こります。

要は、尽くしすぎると極端な場合、男性はあなたを母親とみなし、恋愛対象として見られないどころか、奴隷のように扱うことがあるということです。

本来、男性は女性を追いかけることが好き

基本的に、男性は女性を追い駆けたい生き物です。

古代では男性は狩りをして獲物を獲得していましたから、狩りの過程そのものを快感に感じるのです。

獲物は大きければ大きいほど、得た時の達成感も大きい。

誰でも獲れてしまうような獲物には興味が持てません。

だから、簡単にゲット出来て、母親代わりもしてくれる女性に対しては、さして魅力を感じません。

片思いの相手や、恋人の男性に尽くしすぎることは、あなたの狩りの対象としての価値を下げることに繋がるのです。

女性の尽くす姿を見て、「こんなに俺に惚れてるなら、多少きつく当たっても平気」だなんて思わせることも。

逆に、狩りの対象としてやり甲斐が感じられる女性であればあるほど、男性の恋心は燃え上がります。

これについては「片思いの勝利の秘訣は『追いかけさせる』!目指せ特別なオンナ」の記事で詳しく説明していますので、ご覧くださいね。

尽くす女を卒業してからの正しい接し方とは

尽くすことをやめるとは言え、何も意中の男性に高飛車な態度を取れというのではありません。

何かをやってあげる代わりに、あなたの心遣いを見せるだけでいいのです。

●家事はしないけど、楽に済む方法のアドバイスはする。

●仕事は代わってあげられないけど、応援の言葉をかける。

●デートで体はそう簡単に許さないけど、彼の好みの可愛い洋服は着ていく。

そういったやり方で、男性を癒やしてあげればいいのです。

これであなたの負担も減り、いつもより彼に素敵な笑顔を見せてあげられるでしょう。

尽くす女からの卒業は、彼とよりよい関係性を築くことでもあり、あなたに心の余裕をもたらすことでもあるのです。

もっと愛されたいなら、男性に尽くされる女性になれ!

実はさらにいいことは、尽くす女を卒業するばかりではなく、尽くされる女になることなのです。

たとえば、あなたがどうしても欲しいものがあったとしましょう。

近所の店にも置いていないし、通販でも見つからない。必死になって探して探して人脈も駆使し、遠い場所にも足を運んで、ようやく手に入ったとします。

そんな時はきっと喜びもひとしおで、「ああ、こんなに苦労したんだから、大事にしよう!」と思うはず。

恋愛においても、これと同じことが起こります。

男性に苦労させたほうが、あなたはずっと長く大事にしてもらえます。

だから「相手にどう尽くしてもらうか」を考え、さりげなく仕向けることが重要なのです。

最後に

いかがでしたか。

尽くす女は時に男性にとって重荷でもあり、便利で利用しやすい存在でもあります。

そのどちらであっても、幸せな恋愛だとは言えませんよね。

男性は女性を追い駆けたい生き物なので、尽くす行為は彼の心に慢心を呼び、いつしかあなたに不利な関係性になってしまうかもしれません。

母親のように尽くすことは、あなたのおせっかいか、さもなくば相手があなたを利用しようとしているんだと、心に刻み込みましょう。

尽くす女から卒業し、彼に対して正しい接し方を心がけてみてください。

そしてあわよくば尽くされる女へと成長し、彼の恋心をがっちりつかんで、思う存分に愛されてくださいね。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。