MIGORO

「バレンタインなのに時間がない!」の解決方法


「バレンタインなのに時間がない!」の解決方法

まもなくバレンタインデー。

最近では「本命チョコ」「義理チョコ」「逆チョコ」「友チョコ」なんて種類も豊富ですが、

「時間がなくてチョコレートの用意が間に合わない!」なんてこともありますよね。

今回はそんなあなたのために、時間のないバレンタインを乗り切る方法をお教えします。

1、手作りチョコのキットを購入する

時間がない中、凝った手作りチョコレートを作るのは大変です。作り慣れている人はすぐに作れるかもしれませんが、この記事を読んでいる方の中には少ないでしょう。

ほぼぶっつけ本番で失敗リスクの高い手作りは、おすすめしません。

そこで心強いのが、手作りチョコレートのキットです!

材料はキット内にすべて揃っているので安心ですし、あなたのお料理レベルの合わせたものが選べます。

無印良品のものが特に人気ですね。

ただし、人気商品の場合は知り合いとまるまるかぶってしまう可能性も高くなるので、ラッピングなど別に購入してオリジナリティを出すといいでしょう。

2、買ったチョコレートで済ませる(催事場では買っちゃダメ!)

手作りチョコレートでなくても世の中にはバレンタイン用の素敵なチョコレートが売られています。

現に、有名デパートのチョコレート販売の催事場は、チョコレートをめぐって毎年戦場と化しているようですね。

でも、時間がないあなたがそんな大変な場所に乗り込む必要はありません。

催事場は確かに物珍しく、美味しく、凝っているチョコレートで盛りだくさんでしょうが、通常のデパ地下や駅ビルでもバレンタイン用のチョコは売っています。

特に以下の日本のメーカーは手堅く、種類豊富、味もバッチリで、ラッピングのデザインも可愛らしいチョコレートが買えるでしょう。

  • モロゾフ
  • ゴンチャロフ
  • メリーチョコレート
  • ヨックモック

チョコレートをもらう立場でありながら、「どうしても高級チョコレートじゃなきゃ受け取りたくない!」などと言い出す人はまれです(そしてそんなことを言う人がいたら性格的に問題あります)。

逆に「高級チョコレートも、他のチョコレートも違いがよくわからない!」という人も多いもの。時間がなければメーカーにこだわらないほうがいい選択ができます。

3、買いチョコレートその他お菓子をラッピングする

スーパーなどで売っている大袋のお菓子を、小分けにしてラッピングするというのも良い手です。

袋を開けると、チロルチョコやたけのこの里やポッキー、その他お煎餅などが盛りだくさん! というのはなかなか楽しめます。

本命ではなく、職場やサークルなどの付き合いで配るのには経済的にも助かりそうですね。

それに多くの人に手作りチョコを渡しても

「実は他人の手作りって苦手……」

という人や

「甘いものそのものが好きじゃない」

という人も。

それならば、「みんなが好きな可能性の高い定番おやつをちょっとバレンタイン風にして渡す」というのは、かなり喜ばれる確率の上がるテクニックでもあるのです。

4、食べ物以外の物をあげる

バレンタインでも食べ物にこだわる必要はありません。

たとえばあなたの好きなDVDや書籍などをプレゼントしてもいいでしょう。書籍の場合は、装丁がバレンタイン風、特別感のあるものがおすすめです(山田詠美『風味絶佳』など。ただし、物語の内容が相手の好みに合うかもよく考えましょう)。

あとはゲームなどの実用品もかなりおすすめです。

ゲーム好きの男性に、あなたがプレイして楽しめたゲームソフトをお下がりであげるのもいいでしょう。共通の話題が増えますよ。

他にもあなたの感謝や愛の言葉を書いたメッセージカードなどもいいですね。

ただし、

「プレゼントなのに中古?」

「まさかこれだけ?」

とがっかりさせないかどうか、こちらも相手との関係性をよく考えて。

また、高級品をあげることは相手を戸惑わせることにもつながるので、お手軽な価格のもので構いません。

5、いっそのこと何もあげない

「いっそのこと何もあげない」というのもアリです。

もしもあなたがバレンタインに何かあげようという相手が、片思いの人ならなおのこと、あなたの気持ちがバレてはいけないからです。

これは、基本的に片思いの恋愛では、女性が男性に追いかけさせなければいけないため。

「バレンタインにチョコレートをくれたってこれは、あの娘は僕が好きなんだな」

となってしまうと、男女の追いかける図式が逆転してしまいます。だからプレゼントはあげないし、あなたの気持ちを伝えることもあえてしない、という方向でもOKです。

それではあまりにも物寂しい、というのなら、1~4を参考に何をあげるか考えてみましょう。

6、すでに相手と付き合っている関係なら、ホワイトデーに先送りをお願いしてみる

もしもあなたがチョコレートをあげようとしている相手がすでに恋人であるなら、

「実は忙しくて、全然時間が取れず、バレンタインの準備ができてないの。だから悪いんだけど今月は何も無しで、代わりにホワイトデーにプレゼント交換するというので、どうかな?」

など、一ヶ月先送りのお願いをしてみてもいいでしょう。

あなたに思いやりのある相手ならば、笑って受け入れてくれるでしょうし、忙しいあなたをむしろ心配して、他にもあなたを気遣う良い提案もしてくれるかも。

万が一、あなたのお願いに怒り出すような相手ならば、あまり相性が良いとは言えないので、関係を見直すいい機会にもなるでしょう。

最後に――バレンタインデーは感謝と愛情を伝える日なので、それが普段からできていればプレゼントは何でもいいのだ!

バレンタインに時間が無いときの解決法、いかがでしたか。

忘れてはならないのが、バレンタインはあくまでも感謝や愛情の気持ちを伝える一つのきっかけにすぎないということです。

付き合っている相手であっても、そうではなくても、もしくは恋愛感情すらないただの仕事仲間であっても――普段から感謝や愛情を伝え合って、うまくいっている関係であれば、バレンタインに何をあげても、お互いに気持ちよく過ごせるはずなんですね。

ですから、

「時間がない中で、何をあげるのがベストか」

という「失敗は許されない」的な考え方ではなく、

「普段の関係から考えて、どれならそこそこ喜んでもらえそうか」

という、あなた自身もリラックスできる発想に切り替えて、どうするのか考えてみるのがおすすめです。

あなたも相手も楽しめるバレンタインになりますように。


The following two tabs change content below.
水嶋英美里

水嶋英美里

ライター。文学系の大学院を修了しており、国語科の教員免許持ち。コラムは根拠のないテクニック紹介にならないよう、「なぜこうすれば結果が得られるのか」といった部分まで踏み込んで書くことが得意。猫と文学とカモミールティーを愛する。